《巡霊者メスタポ》


巡霊者メスタポ R 光文明 (3)
クリーチャー:コスモ・ウォーカー 1000
誰も山札を見ることはできない。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

DM-14で登場したコスモ・ウォーカー
には珍しいモヤシ。両者の山札を見られなくするという特殊な能力を持つ。

誰も山札が見れないため、《ディメンジョン・ゲート》のようなサーチや、《シークレット・クロックタワー》などの山札を部分的に見るカードが意味を為さなくなる。自分も対象になるため、デッキ構築が制限されることには注意。

デッキのカードを「見る」ことができなくなるが、デッキのカードを「表向き」にすることはできる。また規制できるカードもできないカードもかなりの数が存在するので、使用の際はルールテキストを確認するのが望ましい。(例として、エンペラー・キリコでの《蒼狼の始祖アマテラス》《神秘の宝箱》能力を使えなくなるが、《エンペラー・キリコ》自体は問題無く使える)

総じて、環境によって有用性が大きく変わるカードサーチを多用する相手ならばメタカードとして強烈に突き刺さるが、そうでなければただのモヤシに成り下がる。

代表的なメタカードの一つと言えるだろう。神化編環境においてはエンペラー・キリコへのメタとして活躍した。エピソード2環境においてもミラクルとミステリーの扉ラムダビートなどに対して有効に働き、メタカードとしての価値を再浮上させた。


以下のものが制限される。






以下のものは制限されない。








フレーバーテキスト

  • DM-14
    真理を鵜呑みにしてはいけない。まず疑い、納得しても心からは信じるな。
  • DMX-12
    忘れたころに大活躍。

収録セット


参考