《巡霊者メスタポ》


巡霊者メスタポ R 光文明 (3)
クリーチャー:コスモ・ウォーカー 1000
誰も山札を見ることはできない。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

DM-14で登場したコスモ・ウォーカー
には珍しいモヤシ。両者の山札を見られなくするという特殊な能力を持つ。

誰も山札の中身を見ることができなくなるため、《ディメンジョン・ゲート》のようなサーチや、《シークレット・クロックタワー》などの山札を部分的に見るカードが意味を為さなくなる。自分も対象になるため、デッキ構築が制限されることには注意。

相手がこのカード一枚で何も出来なくなるようなデッキだった場合、当然真っ先に除去の対象にされてしまうが、そこでモヤシが活きる。
破壊されても手札に戻り、その軽さ故にすぐバトルゾーンに戻すことができるため、然るべき手段で除去されない限り相手を妨害し続けることができる。
このクリーチャーに除去カードを向けさせる事で、結果的に他のクリーチャーが生き残りやすくなる点も見逃せない。

対策としては、《魂と記憶の盾》《父なる大地》など破壊以外の方法での除去や、《ローズ・キャッスル》《希望の親衛隊ファンク》などの常在型能力パワー低下などが挙げられる。
逆に自分が使う場合は、それらに備えてパンプアップアンタッチャブルなどを付加できるとなお良い。

山札のカードを「見る」ことができなくなるが、「表向き」にすることはできる。
また規制できるカードもできないカードもかなりの数が存在するので、使用の際はルールテキストを確認するのが望ましい。(例として、エンペラー・キリコでの《蒼狼の始祖アマテラス》《神秘の宝箱》能力を使えなくなるが、《エンペラー・キリコ》自体は問題無く使える)

総じて、環境によって有用性が大きく変わるカードサーチを多用する相手ならばメタカードとして強烈に突き刺さるが、そうでなければただのモヤシに成り下がる。

代表的なメタカードの一つと言えるだろう。神化編環境においてはエンペラー・キリコへのメタとして活躍した。エピソード2環境においてもミラクルとミステリーの扉ラムダビートなどに対して有効に働き、メタカードとしての価値を再浮上させた。


以下のものが制限される。






以下のものは制限されない。







  • 少々構図の分かりにくいイラストだが、どうやら逆立ちの状態で足から武器を出して攻撃するようである。最初期のコスモ・ウォーカーの1体でありながらかなり異彩を放つイラストで、どことなく漫画「FE」のS(シズカ)を髣髴とさせる。恐らく偶然だろうが、双方の登場時期も比較的近い。


フレーバーテキスト

  • DM-14
    真理を鵜呑みにしてはいけない。まず疑い、納得しても心からは信じるな。
  • DMX-12
    忘れたころに大活躍。

収録セット


参考