クロスギア


カードタイプの一つ。
クリーチャーにクロスして使用する装備品カード。

ジェネレートクロスの2段階を踏むことでクリーチャーに装着し、効力を発揮することができる。

イラスト枠が五角形になっているのが特徴。

バジュラズ・ソウル SR 火文明 (5)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+2000され、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

竜装 ザンゲキ・マッハアーマー R 火文明 (4)
クロスギア:サムライ
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
このカードがドラゴンまたはサムライにクロスされている時、バトルゾーンにある自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーのパワーは+2000され、「スピードアタッカー」を得る。
このカードは、コストを支払わずに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にクロスしてもよい。

至宝 オール・イエス R 光/闇文明 (2)
クロスギア:サムライ
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+4000され、「ブロッカー」を得る。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。

クリーチャー同様、バトルゾーンに出して使うカードタイプ。1度バトルゾーンに出せば、何らかの指示が無い限りはそこに残る。

バトルゾーンに出すためには、「ジェネレート」という手順を行う。クリーチャー召喚と同様に、手札からジェネレートするクロスギアを公開し、決められたマナコストを払うことで完了する。

多くのクロスギアはクリーチャークロスすることで能力を発揮する。クロスするには、そのクロスギアのマナコストをもう1度払えばいい。

ジェネレートクロスで2回分のマナコストを払う必要があるが、クリーチャーに比べるとクロスギアは除去されにくく、非常に粘り強い。

汎用性はそれほど高くはないが、使いこなせれば強力なカードタイプである。

ルール







  • リンクしたゴッドがクロスギアをクロスしている際にバトルゾーンを離れた時は、残ったゴッドにクロスギアが引き継がれる。ヘヴィ・デス・メタルのように3体以上がリンクするゴッドの中心の連結部分が外れる場合は、分離したゴッドのどれかに引き継がれる。





ゲームにおいて

  • 除去する手段が少なく、粘り強く使えるのが特徴。クリーチャーほどは使われないが、メタカードがあまり積まれないため、逆に対処しづらくなっている。

  • クロスギアのサポートはサムライを除くと、の順に多い。
    火は武器を使う種族が多かったり、光も機械的なデザインが多いこと、水は高度な技術を持つことを考えると納得できる。




変遷

クリーチャー呪文に続く第三のカードタイプとして、転生編で登場。

《ペトリアル・フレーム》のような基本的なものから、《イモータル・ブレード》《ノーブル・エンフォーサー》のように非クロス状態で能力を発揮するもの、《アクテリオン・フォース》のようなS・トリガーX《マーシャル・ロー》のようなクロスギアの除去《ツナミ・カタストロフィー》のような進化クロスギアと、一通りのギミックは揃っていた。しかし、ジェネレートクロスの手間から、それほど使われなかった。

ただし、2枚ランデスが可能となる《バジュラズ・ソウル》は非常に強力であり、バジュラズブルー除去バジュラズなどで広く使用された。

不死鳥編から極神編までは姿を見せなかったが、戦国編で大々的に復活。クロスギアの扱いに長けたサムライとともに大きくフィーチャーされた。一部のサムライクリーチャー侍流ジェネレートという能力を持っており、コスト踏み倒しジェネレートを行うことができる。

サムライ種族を持ったクロスギアが登場したのも戦国編である。ちなみに、サムライクロスギアのイラスト枠は通常とは異なる形をしている。

さすがにメタゲームに切り込むだけのカードパワーは無かったが、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》をはじめとして派手なものが多く、各種サムライクリーチャーとともにそれなりに使われていた。《維新の超人》《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》のような相性のいいカードの登場もあり、維新ワンショットなどのデッキを生み出していく。

なお、《バジュラズ・ソウル》侍流ジェネレートとの相性の良さもあり、戦国編環境殿堂入りした。

戦国編が終了するとクロスギアのプッシュもされなくなり、一気に下火に転じた。以降は新規カード再録もそれほど多くなく、冬の時代を迎えていくこととなる。

エピソード2に入ると、《至宝 オール・イエス》キーカードにした白黒オール・イエスが台頭。トップメタの一角として活躍した。しかし、エピソード3で登場した《暴走龍 5000GT》との相性の悪さから、それ以降は目立った戦績は挙げてはいない。

その後、ドラゴン・サーガでは新たなる装備品カードとしてドラグハート・ウエポンが登場。今後、そちらがプッシュされていくことを考えると、クロスギアが冷遇される環境はまだまだ続きそうである。

その他


  • 元ネタはMagic:The Gatheringの装備品・アーティファクトである。クロスギアと違うのはクリーチャーに装備するときのコストがカードのコストではなく、個別の装備コストが用意されている点である。


  • 「魔導具」と当て字されることが多い。



参考