クロスギア


カードタイプの一つ。
クリーチャーにクロスする装備品を表す。

イラスト枠が五角形になっている。

バジュラズ・ソウル SR 火文明 (5)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+2000され、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

竜装 ザンゲキ・マッハアーマー R 火文明 (4)
クロスギア:サムライ
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
このカードがドラゴンまたはサムライにクロスされている時、バトルゾーンにある自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーのパワーは+2000され、「スピードアタッカー」を得る。
このカードは、コストを支払わずに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にクロスしてもよい。

至宝 オール・イエス R 光/闇文明 (2)
クロスギア:サムライ
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+4000され、「ブロッカー」を得る。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。

ルール

クリーチャーと同じく、一度バトルゾーンに出せば、何らかの効果でバトルゾーンを離れるように指示されない限りはバトルゾーンに残り続ける。クロスしたクリーチャーがバトルゾーンを離れても、クロスギアは場に残る。

クロスギア・カードをプレイすることを「ジェネレート」と呼び、装備させる処理を「クロス」と呼ぶ。

ジェネレートおよびクロスは、クリーチャーの召喚などと同様の手順を踏み、メインステップコストを支払うことで行われる。ただし、ジェネレートとクロスのそれぞれにコストを支払う必要がある。

クリーチャーの「召喚」と「バトルゾーンに出す」が区別されるように、クロスギアの「ジェネレート」と「バトルゾーンに出す」も区別される。

すでにクリーチャーにクロスされているクロスギアでも、コストをもう一度払えば別のクリーチャーに再度クロスすることが可能。その際元のクリーチャーから外れるため、1つのクロスギアを複数のクリーチャーにクロスすることはできない。逆に1体のクリーチャーに複数のクロスギアをクロスすることはできる。

「クリーチャーの下にあるカード」と「クリーチャーにクロスされているクロスギア」は全く別の物であるため、クロスギアを消費してメテオバーンを使用することはできない。
同様に、クロスギアは、《死神アトミック・デストロイヤー》などので構成枚数参照カードでは数に含まれない。

リンクしたゴッドがクロスギアをクロスしている際にバトルゾーンを離れた時は、残ったゴッドにクロスギアが引き継がれる。ヘヴィ・デス・メタルのように3体以上がリンクするゴッドの中心の連結部分が外れる場合は、分離したゴッドのどれかに引き継がれる。

進化クロスギアに関してはそちらを参照。

ゲームにおいて

除去する手段が少なく、粘り強く使えるのが特徴。クリーチャーほどは使われずあまり対策カードが積まれないため、逆に対処しづらくなっている。

クロスギアのサポートはサムライを除くとの順に多い。
火は武器を使う種族が多かったり、光も機械的なデザインが多いこと、水は高度な技術を持つことを考えると納得できる。


一部にはクリーチャーにクロスされていない時に効果を発揮するクロスギアも存在する。

変遷

転生編で登場し、不死鳥編から極神編までは姿を見せなかった。
戦国編で大々的に復活し、クロスギアの扱いに長けたサムライとともに大きくフィーチャーされた。サムライ種族を持ったクロスギアが登場したのも戦国編である。ちなみに、サムライクロスギアのイラスト枠は通常とは異なる形をしている。
エピソード1に入ってからカードのフレームデザインが一新されたが、クロスギアにはしばらくそのデザインのカードが存在していなかった。エピソード2DMX-12 「ブラック・ボックス・パック」で登場した《炎水剣オンセン・サバキ》が新フレーム最初のクロスギアとなる。ちなみに、右下のマークがE1仕様となっているものならばDMX-01《ノーブル・エンフォーサー》が存在する。

その他


  • 元ネタはMagic:The Gatheringの装備品・アーティファクトである。クロスギアと違うのはクリーチャーに装備するときのコストがカードのコストではなく、個別の装備コストが用意されている点である。

  • 「魔導具」と当て字されることが多い。



参考