アンタッチャブル


呪文能力の対象」として選ぶ事ができない能力の俗称。
ただし、「攻撃ブロックの目標」として選ぶことは可能。

光器ペトローバ SR 光文明 (5)
クリーチャー:メカ・デル・ソル 3500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、メカ・デル・ソル以外の種族を1つ選ぶ。その種族のクリーチャーすべてのパワーは+4000される。
相手がクリーチャーを選ぶ時、《光器ペトローバ》を選ぶことはできない。

《デーモン・ハンド》《アクア・サーファー》《父なる大地》など、大抵の除去カードは対象を選ぶタイプである。よって、アンタッチャブルのクリーチャーは多くの除去を無力化することができる。

呪文効果であれ、クリーチャー能力であれ、テキストに「クリーチャーを1体選び」などと書かれている場合や、「クリーチャーを1体破壊する」などの間接的に選択を伴うテキストであれば、対戦相手はアンタッチャブルのクリーチャーを選ぶことはできない。バトルゾーンクリーチャーがそれ1体しかいなくても、それがアンタッチャブルならばもちろん選ぶことはできない。

アンタッチャブルクリーチャーの弱点は、対象を取らずに全体に効果を及ぼす《スーパー・スパーク》《アポカリプス・デイ》《希望の親衛隊ファンク》や、効果の対象を相手に選ばせる《魔刻の斬将オルゼキア》《黒神龍アバヨ・シャバヨ》など。

また殴り返しは受けるため、パワーが低いクリーチャーの場合アンタップキラーなどにも注意が必要。さらに、あまり見かけないがパワーで対象を取る《ドラゴン・シャウト》でも破壊が可能である。

除去されにくい大型のアンタッチャブルはフィニッシャーとしてよく使われる。除去グラディエーター除去マインコントロールなどのデッキタイプが存在する。

  • 当然ながら、アンタッチャブルを付与する能力は強力である。自軍をまとめてアンタッチャブルに出来れば、除去に対して非常に強固な軍団となる。

  • 基本的に文明能力であるが、自然文明には少数、その他の文明にももっと数は少ないが存在する。英語の"untouchable"は「神聖な(ので触れられない)」という意味で、いかにも文明らしい。

  • 元々はMagic:the gatheringで使われていた俗称。
    ただしMTGでアンタッチャブルと呼ばれていたものは「相手だけでなく自分も選ぶことができない」という『被覆』のことである。DMの「相手だけが選べない」ものは『呪禁』(じゅごん、一方通行とも)が近い。




代表的なアンタッチャブルのクリーチャー


代表的なアンタッチャブル効果を付与するカード


参考