プロモーション・カード


イベントや関連商品の購入特典、雑誌の付録などとして配布、封入される非売品カードのこと。

通常のエキスパンション構築済みデッキでは入手できず、基本的に非売品。コロコロコミック週刊少年サンデーカードゲーマーなどの雑誌の付録や、デュエルロードでの参加賞、優勝者賞として手に入れることができる。

カードイラストのどこかにデュエル・マスターズのプロモロゴが描かれているのが特徴。右下に描かれていることが多いが、イラストの構図によっては左下やマナの数字の隣に描かれているものもある。

カードによって価値の差が非常に大きい。通常のエキスパンションにも収録されているようなカードは値段も大して変わらないが、メタデッキに投入されるような強力なものだと、値が釣り上げることが多い。それが優勝者賞などであれば尚更である。

実用的なカードも多数あるが、基本的に限定的な手段でしか手に入らないため、すぐに絶版になる。よって、あまりに強いカードをこれにされるとすぐに入手困難に陥り、シングルカードのレートが容易に高騰するという問題がある。

この傾向は2012年の《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》から顕著であり、デュエル・マスターズ資産ゲー化を危惧する声が多数聞かれる。また、これらのハイスペックな限定カードは週刊少年サンデーの付録によく見られる。

プレイヤーとしては、余りに強力なプロモカードの登場は喜ばしくないところであろう。




  • かつてはカード名とパワーの文字が金の箔押しになっていた。しかし、ヒーローズ・カードやフルフレーム化、ホイル変更などの方法で通常版とプロモ版のカードが差別化できるようになってくると、箔押しのカードはしだいに減少、覚醒編に入った辺りで箔押しのカードは廃止された。エピソード1からの新デザインではプロモ仕様の箔押しカードは登場せず、代わりにエピソード2ビクトリーから箔押しになった。


  • 基本的に非売品だが、店によってはシングルカードとして購入することはできる。

  • 雑誌の付録プロモはすぐに絶版になるが、単行本の付録ならば書店にいつでも並んでいるので手に入れやすい。ただし、帯の付いた本にしか付いていない場合もあるので、あらかじめよく確認したい。

  • リストを見れば一目瞭然だが、プロモーションカードの種族はダントツでドラゴン系が多い。文明的には自然の順で多くなり、こちらは火のカードが頭一つ抜ける。人気を考えれば仕方ないことではあるが、自然と水はあからさまに冷遇されている。


  • 熱心なプレイヤーには、デッキカードをプロモーション・カードで固めるために同じ雑誌を何冊も買ったり、シングルカードでわざわざ買い揃えたりする者もいる。もちろん費用はそれなりにつくため、自分の財布とよく相談したい。

  • 公式ホームページのカードリストに載っていない物も多々ある。
  • 登場順が前後しようとも基本的に欠番は無いようになっているが、第11期の(P30/Y11)は未だに登場していない。アニメ 30 分記念で配布された《勝利宣言 鬼丸「覇」》が入る予定だったのか、もしくは《クリスタル・スーパーパラディン》のように今後登場するのかもしれない。

実際のリストは、容量が大きいため5期ごとに分割する。
第1期~第5期(~2007年前半)
第6期~第10期(2007年後半~2012年前半)
第11期~第15期(2012年後半~)


参考