ゴッド(種族)


DM-24で登場した特殊種族
基本的に2体~6体のクリーチャーが合体するG・リンクによって強力な能力を発揮する。反面リンクしなければあまり強いクリーチャーでないこともしばしば。3体でリンクするものや数が揃えば無限にリンクできるゴッドも存在する。
命名ルールとして、名前には「神」あるいは「G(ゴッド)」がつく。(《修羅王ガラサラマ》《千刃の武象ギリトラワンガ》《千呪の魔象ギリメノアイル》を除く)
ヒンドゥー教やギリシア神話などの多神教の神がゴッドのモデルになったものが多い。

竜極神ゲキ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 7000+
このクリーチャーがブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神メツ》の左横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得る。

竜極神メツ VR 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
このクリーチャーが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神ゲキ》の右横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)
このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

バトルゾーンにG・リンクの相手を出す時、G・リンクで合体させることにより、2体の特性を併せ持つ1体のクリーチャーとなる。上述の2体が合体した時の能力は次の通りとなる。

竜極神ゲキ/竜極神メツ VR 闇/火文明 (7+7)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ/アーマード・ドラゴン 14000
このクリーチャーがブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
このクリーチャーが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
Q・ブレイカー
W・ブレイカー
バトルゾーンを離れる時、持ち主は《竜極神ゲキ》か《竜極神メツ》のどちらか1枚を選んで場を離れさせる。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

リンクするまでが大変だが、バトルゾーンを離れる時にどれか1枚だけを離れさせる事ができるので、従来のクリーチャーより除去に耐性がある。

リンク状態に関するルールは「リンク」の項を参照。
G・リンク能力のルールは「G・リンク」の項を参照。








  • G・リンクを持たないゴッドは現時点では存在しない。

  • カードイラストではG・リンク後の姿で描かれてるが、漫画やアニメではG・リンクしてない時は接続部分が無い単体での姿が描かれることが多い。

  • リンクする位置によってカードフレームが大きく変化する。神帝をはじめとする縦にリンクするゴッドは、イラストの都合上必ずフルフレームになる。その際、リンクする部分をはっきり見せるために、カード名と種族の欄が横や下に移動する事がある。




  • デザインの原型はMagic:The Gatheringのジョークエキスパンション生まれである《B.F.M.(Big Furry Monster)》だとされる。2枚のカードを繋げることで1枚となるカードだが、左右のカードが独立しておらず同時に出す必要がある点でゴッドと異なる。

関連カード

G・リンク一覧

ゴッドに関連する効果を持つカード

クリーチャー



呪文


クロスギア



参考



ゴッド(種族カテゴリ)


テキストに登場する「ゴッド」という語は、名前に「ゴッド」とつく種族全体を指す。元々は「ゴッド」という種族のみを指す用語だったが、アウトレイジエラッタの影響とゴッド・ノヴァの登場によりカテゴライズされ、新たな概念として生じた。


「ゴッド」とある種族


参考