青赤緑ビートダウン


青は、赤は、緑は自然を指し、それらの文明で組まれるビートダウンデッキ。

文明の役割は大きく分けて
水:ドローソース
火:火力フィニッシャー
自然:マナブースト
となっていて、非常に無駄なくアドバンテージを獲得できる構成となっている。

エピソード1で確立された現在のタイプは、《フェアリー・ライフ》《幻緑の双月》《霞み妖精ジャスミン》などの2マナブーストからスタートし、《ドンドン吸い込むナウ》手札補充。その後は《超電磁コスモ・セブΛ》などのフィニッシャーに繋いでいくパターンが主流。

青赤赤青赤緑などの速攻には速度で劣るが、こちらは《永遠のリュウセイ・カイザー》《サイバー・N・ワールド》などのカードパワーの高い大型を扱えるのが強み。

《スーパー大番長「四つ牙」》《セブンス・タワー》《再誕の社》での大量マナブーストも可能であり、潤沢な手札から優秀なフィニッシャーを展開することができる。殿堂入りカードの《ボルバルザーク・エクス》もすんなり組みこめることが多い。

闘魂編以前はマイナーだったが、聖拳編で各種多色カードや《母なる大地》が登場したことにより一気に台頭。
全国的にも有名な、ボルバルブルーという凶悪なデッキが確立される。
以降ボルバルプレミアム殿堂入りした後もデッキを動かすシステムそのものは生きているため、過去のボルバルデッキのノウハウを生かしながらフィニッシャーを変化させつつ、常にメタゲームの一角を占める強力デッキタイプとなっている。

  • コンボデッキである茄子サファイア除去ボルバルから派生した各種コントロールデッキもこの流れを組む。
    緑でマナを増やし、青で手札を増やして少しずつ積まれた多様な強力カードを状況に応じて使うというこのデッキのコンセプトは、オーソドックスながら非常に強力で流用が効く。

  • 《ストリーミング・チューター》はこのデッキに使ってくださいと言わんばかりな性能。当然多くのプレイヤーが投入し、さらにこのデッキタイプの地位を強固にすることとなった。ただし、最近では投入されない事も多々ある。


  • DMD-13は典型的な青赤緑ビートダウンの構成。雛型にするには最適である。

青赤緑ビートダウンの変遷

聖拳編期

《無双竜機ボルバルザーク》《母なる大地》の登場によりボルバルブルーが登場した。《アクアン》を使った白青黒系統のデッキが人気の中、目立った活躍をした。

2004年冬の公式大会、EL(エターナル・リーグ)オープンクラス全国大会決勝トーナメント優勝を筆頭に、公式大会での戦績は数え切れないほど。
詳細はボルバルブルーを参照。

転生編期

《無双竜機ボルバルザーク》殿堂入りによりビートダウン型のボルバルブルーは弱体化し、除去ボルバルにトップの座を奪われる。
打撃力を強化したカウンターボルバル《バジュラズ・ソウル》を入れたバジュラズブルーなども登場したが、これらのデッキは目立った活躍をする前に《無双竜機ボルバルザーク》のプレミアム殿堂入りにより消滅する。

上記のボルバルザークの活躍と前後して牙サファイアが登場する。

《大勇者「ふたつ牙」》によるマナブーストから《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》に繋ぐデッキであり、AG環境をサファイア地獄に導いたデッキである。
AGでの活躍と平行して通常環境にも対応できるタイプも開発され、サファイア系デッキの代表として活躍していった。
亜種としてタワーサファイアなども登場し、ブースト系サファイアデッキはメタゲームの中で大きな存在となった。

またバジュラズブルーから《無双竜機ボルバルザーク》を抜いた《バジュラズ・ソウル》系ビートダウンも多数登場した。

これらのデッキは《ストリーミング・チューター》によって大きな爆発力・安定力を得ていた。

不死鳥編

転生編後期で登場したデッキがそのまま活躍。
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》プレミアム殿堂入りによってサファイア系デッキは消滅するが牙バジュラズが登場した。
タッチ牙デルフィンなども登場し青赤緑ビートダウンの主役は《大勇者「ふたつ牙」》となった。

極神編

牙バジュラズ系のデッキの天下が続くと思われたが、当時流行した除去ガーディアン《予言者マリエル》に苦戦することになる。
《バジュラズ・ソウル》のパワー+2000が原因で《予言者マリエル》に引っかかってしまうため。
《ノーブル・エンフォーサー》にもビートダウンを妨害され苦しい状況が続く。


後続を切らさないビートダウンであり、コントロールの天下となった環境でも活躍できた。

戦国編期

種族サムライが登場し青赤緑ビートダウンの新種として活躍するかと思われたが、目立った活躍はせず。
また大型クリーチャーのパワーが9000以上のものが中心となり《大勇者「ふたつ牙」》が使いにくくなった。
追い討ちを掛けるかのようにシノビの登場や《聖鎧亜キング・アルカディアス》を使用するデッキの増加でビートダウンに逆風が吹く。
特にマルコビートの主力を軽々除去する《威牙の幻ハンゾウ》は天敵中の天敵。

マルコビート黒マルコ中心となり青赤緑ビートダウンはメタゲームでの活躍が少なくなった。

神化編期


覚醒編期

新システムのサイキック・クリーチャーが登場し、その中でもDM-36で、《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》《時空の侍ボルメテウス・若武者・ドラゴン》DM-37では《時空の喧嘩屋キル》《時空の英雄アンタッチャブル》などビートダウン向きのものが登場したが、この時点ではそれほど影響がなかった。

しかし、DM-38の発売と殿堂入りの発表で状況が一変。DM-38に収録された、ブロッカー破壊とスピードアタッカーで、強力な奇襲性を持つ《爆竜 GENJI・XX》、ドローエンジンとアタッカーを1体でこなす《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》/《時空の戦猫シンカイヤヌス》、ブロッカーと墓地を山札の下へ送還し、超次元コントロールへのメタカードとなる《機動電影レッド・スコーピオン》の3枚は特に強力なカードであり、戦国編後期から一定量出続けていたビートダウン促進カードの集大成とも言える。
さらに、2011/01/15付けで登場以来ビートダウンデッキを苦しめ続けてきた、《光牙忍ハヤブサマル》《威牙の幻ハンゾウ》《龍神ヘヴィ》が殿堂入り。特に天敵である《威牙の幻ハンゾウ》が殿堂入りした事で《エンペラー・マルコ》を主軸として上記の3枚を搭載したマルコビートがやや復権の兆しを見せてきた。

しかし、もう次期に移行しようという頃合になって《爆竜 GENJI・XX》で対処できない《時空の支配者ディアボロス Z》が登場し、それを取り込んだデッキが次々とメタへ進出していったため、このデッキタイプは完全に追いやられてしまった。
またこちらのアタッカーが一方的に対処されてしまう《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》の登場も向かい風であり、これを含めたビートダウンはかなりの苦戦を強いられるようになる。

エピソード1期

天敵であったドロマー超次元が大幅規制を受け、《超次元バイス・ホール》《時空の支配者ディアボロス Z》の脅威も無くなり、以前と比べ戦えるようになった。
その後も立て続けに《ガイアール・カイザー》《永遠のリュウセイ・カイザー》などといった強力な文明フィニッシャーが登場し、このデッキタイプは相対的に大幅に強化されることとなる。特に《超次元シューティング・ホール》を自然な形で投入できるようになったのは大きく、奇襲性や突破力が格段に上昇。各種ビートダウンの中でも安定した動きが可能となった。
また、《ボルバルザーク・エクス》《サイバー・N・ワールド》の登場により、新たにNエクスというデッキタイプが出現。この2枚の有り余るカードパワーで各種大会を荒らしまわった実績を持つ。
さらにDMR-03《超電磁コスモ・セブΛ》《ドンドン吸い込むナウ》などの強力な文明カードが登場し、今後の期待が高まる。

参考