《月光電人オボロカゲロウ》


月光電人オボロカゲロウ C 水文明 (2)
クリーチャー:グレートメカオー 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引いてもよい。その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


ハンドアドバンテージは得られないものの、手札の質を上げることができる。
引ける枚数はマナゾーン文明の数に依存しており、5文明が揃っていれば5枚引いて5枚戻せる。最低でも1枚引いて1枚戻せるので、全く無駄になることは少ない。極神編らしく、デッキ多色であるほど強力になると言える。

普通に使っても手札の質を上げることができ、グレートメカオーデッキウィニーとして採用を検討できる。コスト2のグレートメカオーが欲しいならば《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》とともに候補に挙がるだろう。

マナコスト相応の能力であり、コンボを考慮しなくても手札交換として働く。一見使いにくいが、意外と便利なカードである。





  • サムライの登場を予言するようなネーミングである。「オボロカゲロウ」は漢字で書くと「朧陽炎」。

関連カード


フレーバーテキスト

  • DM-27
    夜空に月の光が満ちる時、切っ先に秘めた心が敵を切る。

収録セット


参考