カウンターマッドネス


手札にため込んだ大量のマッドネスを一斉に踏み倒すコンボデッキ

《ソウル・アドバンテージ》の流行に対抗して登場したデッキ。
マッドネスを大量に投入することからハンデスに強いという性質を持つ。

闘竜麗姫アントワネット C 水/火文明 (3)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン/ティラノ・ドレイク 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーが破壊された時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んで持ち主の手札に戻すか、自分の手札をすべて捨て、同じ枚数のカードを引く。

霊騎秘宝ヒャックメー R 光/闇/自然文明 (5)
クリーチャー:アーク・セラフィム/パンドラボックス 8000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて捨てる。このようにして手札を1枚も捨てない場合、このクリーチャーを破壊する。
W・ブレイカー

緑神龍アーク・デラセルナ SR 自然文明 (8)
クリーチャー:アース・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
相手のターン中、このクリーチャーが自分の手札から捨てられるとき、墓地に置く代わりにバトルゾーンに置く。


主なマッドネス

《緑神龍アーク・デラセルナ》 大型マッドネス
《翔竜提督ザークピッチ》
《斬隠蒼頭龍バイケン》 バウンス付き大型マッドネス
《サイチェン・ピッピー》 《ガイアール・カイザー》を出せる擬似マッドネス
《スーパー・サイチェン・ピッピー》
《無頼聖者サンフィスト》 ブロッカー付きマッドネス

マッドネス起動の候補

《霊騎秘宝ヒャックメー》 中心となるマッドネストリガーパーツ
《強制突撃》 攻撃を強要する呪文
《闘竜麗姫アントワネット》 pigでマッドネストリガー
《甲蟲王機ビートルーダー》
《光牙忍ハヤブサマル》 上記の2枚をブロッカーにして、相手ターンでの破壊を狙う
《アクア・アンカー》 お手軽マッドネス起動カード

その他の候補

《アクア・スーパーエメラル》 ヒャックメーを仕込む
《エメラル》
《炎竜提督ガウスブレイザー》 アントワネットを呼べるマッドネス
《聖霊提督セフィア・パルテノン》 ビートルーダー、ヒャックメーを呼べるマッドネス
《海底鬼面城》 マッドネスを手札に貯める
《超鯱城》 アントワネット等を破壊させる
《アポカリプス・デイ》 アントワネットを巻き込みつつバトルゾーンを一掃
《エマージェンシー・タイフーン》 S・トリガーでマッドネスを捨てる
《支配からの開放》


マッドネスには主に以下の方法を使う。
  1. 《エメラル》シールド《霊騎秘宝ヒャックメー》を埋めて、そのシールドをブレイクさせる。
  2. 《闘竜麗姫アントワネット》などを《光牙忍ハヤブサマル》でブロッカーにして破壊させる。
  3. 《闘竜麗姫アントワネット》などでビートダウンを狙い、殴り返しをトリガーにする。

ドローソース手札マッドネスを溜めこみ、ひたすら相手の攻撃に備える。当然相手は攻撃をためらうので、《闘竜麗姫アントワネット》ビートダウンを仕掛けたり、《強制突撃》攻撃を強要させる。

一度溜めこまれると通常のハンデスでは手が出せないのが強み。
しかもうかつに攻撃すれば、S・トリガー《霊騎秘宝ヒャックメー》《エマージェンシー・タイフーン》から《斬隠蒼頭龍バイケン》が出てくることもある。

この点から速攻ビートダウンに対しても打たれ強く、相手にするとかなり厄介なデッキタイプである。

対策

対抗手段は割と多い。

1.《冥府の覇者ガジラビュート》《「祝」の頂 ウェディング》などのシールド焼却《霊騎秘宝ヒャックメー》S・トリガーを封じる
2.《闘竜麗姫アントワネット》破壊以外の方法で除去したり、《ノーブル・エンフォーサー》などで攻撃を封じる
3.《斬隠蒼頭龍バイケン》バウンス《無頼聖者サンフィスト》ブロックを織り込んで、相手を殴り切れるだけのアタッカーを用意する
4.《魔天降臨》《サイバー・N・ワールド》で相手の手札を一気に変更し、溜め込んだマッドネスを無駄にする
5.《百発人形マグナム》《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》など、コスト踏み倒しへのメタカードを出しておく
6.シールド《スーパー・スパーク》《DNA・スパーク》などの全体タップカードを用意し、一斉攻撃を凌ぐ
7.《大邪眼B・ロマノフ》《時空の封殺ディアスZ》のような墓地に送らないハンデスを使用する
8.手札マッドネスが揃わない内に殴りきる
などがある。

何とかマッドネスの起動さえ封じれば、相手は大量にドローしているのでのらりくらりとライブラリアウトを待つだけである。

他には攻撃できるクリーチャーを出さないという荒技があるが、《闘竜麗姫アントワネット》《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》などの各種サイキック・クリーチャービートダウンされる危険性もある。

また、システムクリーチャーブロッカーを立てるだけでは、《斬隠蒼頭龍バイケン》バウンスで処理されてしまうので注意。


  • 基本的に自分のターンはドロー以外の行動はあまり起こさないので、勝負が単調になりやすい。広く知れ渡ったデッキタイプでもあるので、カジュアルでの対戦にはあまり向かないだろう。


参考