《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》


雷電の覚醒者グレート・チャクラ SR 光文明 (14)
サイキック・クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 13500
H・ソウル
ブロッカー
ホーリー・フィールド
HF-自分の「ブロッカー」付きクリーチャーの、攻撃できない効果はすべて無効になる。(ただし、召喚酔いは無効にならない)
T・ブレイカー
解除(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンを離れるかわりに、コストの小さいほうに裏返す)
覚醒前⇒《時空の雷龍チャクラ》


T・ブレイカーと13500ものパワーに加えて解除まで持ち、非常に大きな打撃力と除去耐性を併せ持っている。13500という数字はT・ブレイカーの基本ラインである12000を一歩上回っているので非常に心強い。

覚醒条件そのものが非常に楽な上、一度満たせばシールドを減らさない限り条件を保ち続ける事ができる。そのため、一度解除されても返しのターンにすぐに覚醒し直すことができ、粘り強い。

相手にしてみれば、この巨大なT・ブレイカーブロッカーを何としても退かさなければならないが、シールドを減らさない限りは一度の除去で倒しきる事が出来ず、結果的に「覚醒後」が延々と立ち続けている感覚となる。

また、ホーリー・フィールドによって《白騎士の開眼者ウッズ》のようなダイヤモンド状態を生みだすため、ブロッカーデッキに入れてフィニッシュに利用するということも出来る。ブロッカーによってこのクリーチャー覚醒条件を満たし、最後はそれらと共に一斉攻撃をかける事で勝負を決める事が出来る。

《ダイヤモンド・ソード》《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》と比べると、S・トリガーでの除去に弱いが、こちらは常在型能力なので、場にいる限り能力が持続するのがメリット《ヘブンズ・ゲート》なら《偽りの名 オレワレオ》が使えるが、そうでないならこちらでも十分だろう。

ホーリー・フィールドの効果を除いても、序盤はシールドを割らないコントロールデッキに対して大きくプレッシャーを与えられるため、が入った長期戦型のデッキには問題なく採用を検討できるだろう。

全盛期の覚醒編環境ではドロマー超次元フィニッシャーとして猛威を振るったカードである。以前に比べると見かける機会は減ったが、やはり強力なカードには変わりはない。





  • 超次元ゾーンは公開情報であるため、超次元呪文を入れてない構成のデッキにあえてこのカードを付け加えることで、相手に「早めにシールドを減らさなければならない」という威圧感を与えてシールドブレイクによる手札補充を促す、ブラフとしての使い方が可能。




サイクル

DM-36スーパーレアサイキック・クリーチャーサイクル。
それぞれ覚醒条件が異なり、覚醒後は全てのクリーチャーが解除を持つ。

収録セット



参考