《ガロウズ・セブ・カイザー》


ガロウズ・セブ・カイザー  ≡V≡  水文明 (6)
サイキック・クリーチャー:サイバー・コマンド/エイリアン 6000
相手のクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引いてもよい。
W・ブレイカー
《ハイドラ・ギルザウルス》《竜骨なる者ザビ・リゲル》覚醒リンク後⇒《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》



相手クリーチャー攻撃のたびに1枚ドローできる任意能力を持つ。ビートダウン速攻などの積極的に攻撃してくるデッキ相手ならば、安定したドローソースとして活躍するだろう。

だが、実際のところビートダウンが相手ならば可能な限り相手のクリーチャー除去したいところであり、このカードドローしている余裕はほとんどないだろう。一応、運よくニンジャ・ストライク持ちのシノビを引ければ防御が可能となる。

また受動的な能力であるため、相手が攻撃してこなければ準バニラと何も変わらなくなってしまう。相手のデッキタイプを見極め、状況に応じて他のサイキック・クリーチャーと使い分けていきたい。

同弾で登場した《ガイアール・カイザー》と比べると、かなり使いどころは限られるだろう。覚醒リンクを狙うデッキについては「ガロウズ・デビルドラゴン」を参照。






  • ガロウズ(gallows)は「死刑台」や「十字架」を意味する。エイリアンの命名法則である「星の名前」とは関係がない。またコロコロコミックでは、ガロウズという単語を「死刑台を意味する」と紹介している。



関連カード


フレーバーテキスト

  • DMR-01
    火と水を合わせて温泉!

収録セット


参考