《炎竜凰シャイニング・ノヴァ》


炎竜凰シャイニング・ノヴァ P 火文明 (7)
進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク 8000
進化-自分のティラノ・ドレイク1体の上に置く。
メテオバーン-このクリーチャーが攻撃できる時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー

攻撃できるときにいつでもコスト5以下のカード墓地に送ることが可能。マナは重いものの、《バジュラズ・ソウル》除去することも出来る。

似た能力を持ったクリーチャーとして《永遠のジャック・ヴァルディ》《滅殺鉄拳オニジゴク》が存在する。
前者は多色カードを、後者はクロスギアを破壊する事が出来ないが、その分軽い。
《永遠のジャック・ヴァルディ》は多色クリーチャーから進化でき、種族デッキを組む必要がないので使いやすく見える。
また、登場して日が浅い《滅殺鉄拳オニジゴク》も、全文明に存在するハンターから進化でき、自身もハンターエイリアンのサポートを受けられるというメリットがある。

が、こちらは、火の天敵である《電脳聖者タージマル》を破壊する事が出来るほか、あれらでは対処できないクロスギアも破壊できる。
そうでなくともコスト5以下のカードを破壊する事が出来ると言うのは、上記の《永遠のジャック・ヴァルディ》が広く使われている事からも分かるように、非常に有効性が高い。
デッキに投入しても無駄になる事は、ほとんど無いだろう。

また、ジャック・ヴァルディビートには、《闘竜炎霊パイロン》が良く投入されているので、そちらに隠し味として入れておいても良いだろう。
ただ突っ込むだけではコスト7を満たすほどマナを貯められない事態が想定できるため、それを留意した構成にするか、あるいは隠し味というスタンスとは異なるがデッキ自体をティラノ・ドレイクとの折衷のような形にするのも良いだろう。
幸いにも《衝撃のロウバンレイ》《死神竜凰ドルゲドス》等、手放しでジャック・ヴァルディビートに採用できるティラノ・ドレイク関連カードは沢山ある。

  • 破壊対象をコストを参照にして決める珍しい除去効果を持つ。《次元の雷球》といい、コストを参照する除去は、火文明の十八番となる効果になるかもしれない。


収録セット


参考