《ガンリキ・インディゴ・カイザー》


ガンリキ・インディゴ・カイザー VR 水文明 (7)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000
相手がクリーチャーを召喚した時または呪文を唱えた時、このターン、相手のクリーチャーは、攻撃またはブロックできない。
W・ブレイカー


ビートダウン系統のデッキは展開&攻撃を基本とするため、それらに制限をかけることは非常に有用。スピードアタッカーや各種進化クリーチャーからの急なダイレクトアタックも禁止できるため、なかなか安心感がある。
除去耐性こそないが、トリガー能力のため、除去されてもそのターンの間は攻撃ブロックへのロックが可能である。これは《予言者マリエル》などの既存のロックカードにはないメリットだろう。ただし、除去された後に出てきたスピードアタッカーなどはロックできない。

しかし、逆に言えば相手がカードプレイしなければロックが機能しないため、このクリーチャーバトルゾーンに出した時点で、既に相手プレイヤーが多くのクリーチャーを展開しており、新たにカードプレイする必要性がなければ、それらの一斉攻撃ロックできることは期待できない。
その場合は別の手段での妨害を用意しておきたい。この場合は《アポカリプス・デイ》等に始まるリセットボタンが候補にあがる。

あえて防御ではなく、ビートダウン系のデッキアタッカーとして使用することも良いだろう。相手プレイヤーカードプレイ殴り返しのどちらかしか行えなくなり、こちらの攻撃クリーチャーへの対処を大きく阻害されることになる。
またニンジャ・ストライク召喚であるため、相手の《光牙忍ハヤブサマル》《光牙王機ゼロカゲ》など腐らせることも可能。より確実に攻撃を通すことができる。

総じて、やや癖の強いカードである。コストの重さも相まって、使うにはデッキ構築やプレイングに工夫が必要だろう。



  • インディゴとは藍色(あいいろ)のこと。


  • 元ネタはMagic:The Gatheringの『天使の調停者』だろうか。元と違ってあちらは各対戦相手になっているが、こちらは効果が相手のみとなっている。

フレーバーテキスト

  • DMR-02
    紺碧の龍の眼力は、青く冴えた静寂の世界を生み、動きを封じ込める。
  • DMD-13
    カツキングが戻るまでの時間はオレが稼ぐ!ここは任せろ! ---ガンリキ・インディゴ・カイザー

収録セット


参考