《DNA・スパーク》


DNA(ディエヌエー)・スパーク R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。
自分のシールドが2枚以下であれば、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。

DMR-02で登場したS・トリガー呪文
元となった《ホーリー・スパーク》の持つ全体タップ能力は変わらずに、新たに条件付きで、山札の上から1枚シールド追加を行う効果が加えられた。
シールド追加の条件は、自分のシールドが2枚以下であるという、《予言者リク》と同じものである。

一見するとタップ後に行うシールド追加は意味が薄いように見えるが、思わぬところで役に立ったりする。

シンプルに強力なカードであり、新しいの基本S・トリガーとして、多くのデッキで活躍することが期待されている。





  • 汎用性あるスパークだが、DASHゴールデンリストの一枚でもあったため、入手がそこそこ難しかった。再録を希望する声は多く、解禁後DMD-12にて新しいイラストで再録するも、1枚のみの収録だった。その後も中身固定パックのやや出にくいグループに収録されるなどが続き、相変わらず大量入手は難しい。また、変形デッキ版のカードイラストには《サイレンス トパーズ》が描かれている。
    • このほか、次世代ワールドホビーフェア'14 Winter会場販売の限定特典として新しいイラストでプロモ化。DMD-14購入者に配布され、カードの仕様もスーパーデッキと同一となっている。当然入手は困難。

  • DNA(deoxyribonucleic acid)とは、遺伝子の遺伝情報を担うデオキシリボ核酸のこと。一般に遺伝子とも呼ばれる。イラストには二重らせん構造の物体が見られる。その後ろには《神羅ダークネス・ロマノフ》の姿が。


関連カード



フレーバーテキスト


収録セット


参考