《勝利宣言 鬼丸「覇」》


勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ) 鬼丸「覇(ヘッド)」  ≡V≡  火文明 (10)
クリーチャー:ヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 9000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+5000
このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコジャッジする。自分が勝ったら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
T・ブレイカー
※殿堂入り


ガチンコ・ジャッジに勝利すればエクストラターンを得るアタックトリガー能力を持つ。自身がスピードアタッカーであるためタイムラグ無しにガチンコ・ジャッジを行うことができ、かなりの確率でエクストラターンが狙える。一度攻撃すれば、追加ターンが何度も決まってそのまま押し切ってしまうことも珍しくないという、恐ろしいスペックの持ち主である。

10コストと非常に重いが、歴代のファッティの例に漏れず、自然マナブースト連ドラミステリー・キューブなどのコスト踏み倒しするデッキに投入するという、確立された常套手段にそのまま組み込むことができる。

特に《ミラクルとミステリーの扉》との相性はすさまじいものがあった。このデッキにはコストの高いものを多く投入するため、必然的にガチンコ・ジャッジに勝ちやすくなっていた。
後に《ミラクルとミステリーの扉》殿堂入りプレミアム殿堂と規制されていくが、《獰猛なる大地》《ホーガン・ブラスター》《ミステリー・キューブ》を使った獰猛ブラスターミステリー・キューブで使い続けられる。

素のパワーは9000とマナコストから見ればやや低いが、エクストラターン能力によって殴り返しの機会はほぼないと言ってもよい。さらに、パワーアタッカーによって攻撃中のパワーは14000になるため、ヘブンズ・ゲートに入るようなブロッカーでもなかなか止まらない。このクリーチャーに一方的に打ち勝てるブロッカー《白騎士の精霊アルドラ》《「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー》くらい。

他の多くのフィニッシャー同様、そもそも出されないようにハンデスで叩き落としたり、ランデスマナを縛るのが最も現実的だろう。

10マナと重いため、さすがにどのようなデッキにも入るようなカードではないのが救いと言える。

バトルゾーンに出せれば勝利と言っても過言ではない強烈なスペックであり、初登場時からメタゲーム上で暴れ続けてきた。殿堂入りで目にする機会は減るだろうが、このカードに対する警戒は怠らないようにしたい。





  • 初登場時からトップメタでのフィニッシャーの地位を独走していたが、同時期に登場したゼニスを主要としたデッキが活躍流行した事、上記の主要カードの殿堂入りにより活躍はしたものの話題になった強さの割にメタゲームに食い込んだとはいえトップメタを支配した時期はそう長くなく、エピソード3環境の頃にはそちらのデッキタイプに移った為に殆ど姿を消していたが、ドラゴンサーガのドラゴンメイン環境を配慮した為か2014年5月24日付けで殿堂入りが決定した。ちなみにビクトリー初の殿堂入りである。


  • 登場以前から大きく注目されているカードであり、特に発売直後のシングル価格は非常に高かった。現在では殿堂入りに加えてDMD-20再録されたため、シングル価格も落ち着きを見せるようになるだろう。


  • 種族を4つ持つ初のクリーチャー。




関連カード





フレーバーテキスト

  • DMR-06
    カシラの遺志はオレが受け継ぐ!――勝利宣言 鬼丸「覇」
  • DMD-20
    今ここに、伝説の男が勝利を宣言する!
  • プロモ(Viva! Anime30!)
    アニメを見れば、ずっと、デュエ友!

収録セット


参考