《偽りの名 iFormulaX》


偽りの名(コードネーム) iFormulaX(アイフォーミュラテン) R 水文明 (7)
クリーチャー:グレートメカオー/アンノウン 6000
自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていて、自分の手札が10枚以上あれば、自分はゲームに勝利する。
W・ブレイカー


このクリーチャーの最大の特徴は、《究極銀河ユニバース》をはじめとする他の6体のエクストラウィン能力持ちよりも、比較的簡単にエクストラウィンを決められる点だろう。

その条件は、自分のターンの終わりに「タップされていること」と「手札が10枚以上あること」の二つ。

前者は、わずか1マナで自分のクリーチャータップできる数少ないカード《ドンドン打つべしナウ》《転々のサトリ ラシャ》を使うか、あるいは《メッサダンジリ・ドラゴン》等でスピードアタッカー化させて相手のウィニー等に突撃させるなどの方法がある。
後者は、《パーロックのミラクルフィーバー》《知識の包囲網》、古いカードだと《悪魔の契約》《神々の逆流》など、手札を大量に増やせるカードは量もバリエーションも豊富にあるため、必要条件を満たすのは思いのほか容易である。

一ターンでエクストラウィンを決める方法もある。
  1. 使えるマナが10マナあり、手札にこのクリーチャーと《ドンドン打つべしナウ》《悪魔の契約》の3枚がある
  2. このクリーチャーを召喚し、《ドンドン打つべしナウ》を唱える
  3. 残ったマナ《悪魔の契約》を唱え、10マナを墓地に置きカードを10枚引く
この場合、《セブンス・タワー》等を使えば10マナ揃えるのはさほど難しくなく、また必要なキーカード3枚が手札にあればすぐに発動できる。即死コンボとしては決めやすい部類だろう。
また、これら2枚とほぼ同じ動きをしてくれるカードに《グレイトマーチ・エナジー》がある。種族こそ限定されてしまうものの、5、6体グレートメカオーが並んでいれば今引きでもゲームエンドできる強烈な即死コンボになりえる。

但し、除去はもちろん、S・トリガーに対する耐性は皆無である。
セイバーもちである《剛力防機シュビルパンチ》《キャプテン・スーパーレスキュー》などを傍らに立てておきたいところ。
また、手札を全て捨てる事になる《終焉の凶兵ブラック・ガンヴィート》は天敵。ただし、《機械提督サウンドシューター》あたりならデッキによっては普通に積めるため、確実な対処法とは限らない。

手札を大量に溜まりやすいデッキの勝ち手段の一つとして採用することも考えられる。その場合、ハンデスが天敵となるため、《墓守の鐘ベルリン》マッドネスを仕込むという手もある。
しかし、爆発力が乏しいため現在はコンボを用いたデッキが主流である。

今後の扱いがどうなるかは不明だが、デッキの構築やプレイング次第では化ける可能性もある非常に面白いカードである。


  • そのアイデンティティから、手札が際限なく増える状況では例外なく引き合いに出される。しかし、先述のように現実には対処法はいくらでもあるため、大量ドローした同一ターンに登場、タップ決めないと即死性には乏しい。



  • モデルとなっているのは「フォーミュラカー」。

  • 余談だが、apple社のiPhone用の数学アプリとして「iformula pro X」というものが存在する。また、apple社の元社長である故スティーブ・ジョブズ氏は、フレーバーテキストにあるようなイノベーターとしてよく取り上げられている。

  • フレーバーテキストをよく見ると、名前が「 iFomulaX 」になっており、小文字の「r」がない。他のカードのフレーバーを見ると「iFormulaX」となっているため、恐らくはただの脱字だろう。


フレーバーテキスト

  • DMR-06
    「戦略のイノベーター(革新者)」。そのふたつ名の通り、偽りの名 iFomula Xは革新的な戦略を産み出した。

収録セット


参考