《終末の時計 ザ・クロック》


終末の時計(ラグナロク) ザ・クロック R 水文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 3000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、ターンの残りをとばす。(次のプレイヤーのターンをすぐ始める。)

ビクトリーロード優勝者賞として先駆けて登場し、DMR-09に収録されたアウトレイジMAX

バトルゾーンに出した場合そのターンを強制的に終了させる珍しい能力を持つ。

その性質上自分のターンに出すメリットは薄い為、相手ターンに出すことが基本の運用となる。一応他にする行動が無い状態で出せばターンを飛ばす能力も気にする必要はないが、3000のバニラが出るだけである。ただ、それを利用して《龍仙ロマネスク》等、ターン終了時に適用されるデメリットを回避する使い方も一応できる。

相手ターンに出すことが出来れば相手はもう攻撃を行えない為、《スローリー・チェーン》《スーパー・スパーク》を超える防御を行える。それらに勝るのは相手のアンタップする能力や攻撃不可解除までも気にする必要がない点と、複数ブレイク持ちに攻撃されていてもブレイク数を1枚で抑えられる点。
劣る点は自ターンに空打ちして仕込んだり、反撃として自分のターンに撃つことができないところである。
S・トリガーなので《アクア・スーパーエメラル》等でシールドに仕込みたいところ。殴れる為、ビートダウンデッキにも入れやすい。
また、相手ターンクリーチャーを出せる《地獄門デス・ゲート》《緊急再誕》等とも相性がいい。このクリーチャーは軽い為、比較的踏み倒しは容易であるところが嬉しい。
呪文ではないため《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《超電磁マクスウェルZ》の妨害を受けないのも強力。メルゲループワンショットのような呪文封殺からの一斉攻撃を得意とするデッキに対しては耐性があると言えるだろう。逆に《暴走龍 5000GT》に対しては無力なので注意。

強制的にターンが移るため、S・トリガーで出た場合相手がこのクリーチャーを即座に処理することはほぼ不可能と言って良い。
確実に自分のターンに持ち越せるため、そこから進化《無重力 ナイン》の起点にしやすいのは大きな利点。
また、生き残った《ザ・クロック》を《ドンドン守るナウ》等で繰り返しシールドに追加してやれば、シールド焼却を持たないデッキは勝ち筋を大きく縛られることになる。

但し自分ターンの攻撃中に、相手のS・トリガーによる《リアルとデスの大逆転》《父なる大地》によって強制的に出され、逆に自分の勢いが止められる場合もある。
総じて強力だが癖の強いクリーチャーである為、相手に利用されないように運用したい。


ルール

全て暫定裁定
  • 次にエクストラターンが確定しているプレイヤーターンを飛ばした場合、すぐにそのエクストラターンに入る(相手ターン→相手ターンor自ターン→自ターン)
  • この効果を実行した場合、待機している能力は自分相手問わず次ターンに持ち越せず、消滅する。
  • W・ブレイカー等の複数ブレイクしている状態の途中でこの効果を処理した場合、残りのブレイクは無効になる。ただし、《ティラノ・リンク・ノヴァ》《「黒幕」》などによって複数同時にシールドが手札に加わる場合、シールドが全て手札に加わってからS・トリガーの処理となるため、シールドを手札に加えることを無効にすることはできない。
  • 「ターンの終わりに」誘発する能力がある場合、それらもすべて無効となる。





  • 名の通り、体が時計になっている。イラストが指している時間は2時48分。

  • MODE→CHANGEフレーバーテキストは「終り」になっている。原則的には「終わり」が正しいのだが、許容として「終り」も認められている為間違いではない。





関連カード


フレーバーテキスト

  • DMR-09(通常版)
    ザ・クロックは、時間の枠すらブチ破る!
  • DMR-09(MODE→CHANGE)
    貴様の時間はもう終りだ。 ---終末の時計 ザ・クロック
  • DMR-16
    なぜ、アウトレイジが居るのかって?それは私達がどんなルールでも破るからだよ。ぶつくさ言わずに、時間よ、とまれ! ---終末の時計 ザ・クロック
  • プロモ(P18/Y12)
    この栄光の時間を、永遠に…

収録セット


参考