《終末の時計 ザ・クロック》


終末の時計(ラグナロク) ザ・クロック R 水文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 3000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、ターンの残りをとばす。(次のプレイヤーのターンをすぐ始める。)

ビクトリーロード優勝者賞として先行登場し、DMR-09に収録されたアウトレイジMAX

cipでそのターンを強制的に終了させる珍しい能力を持つ。

その性質上自分のターンに出すメリットは薄い為、S・トリガーで相手ターン中に出すことが基本の運用となる。相手ターンに出すことが出来れば相手はもう攻撃を行えない為、《スローリー・チェーン》《スーパー・スパーク》を上回る確実な防御を行える。

それらに勝るのは相手のアンタップする能力や攻撃不可解除までも気にする必要がない点と、複数ブレイク持ちに攻撃されていてもブレイク数を1枚で抑えられる点。

劣る点は《スローリー・チェーン》のように自分のターンに空打ちして仕込んだり、各種スパークのように反撃として自分のターンに撃つことができないところである。

S・トリガーなので《アクア・スーパーエメラル》等でシールドに仕込みたいところ。自身も殴れる為、ビートダウンデッキにも入れやすい。

また、相手ターンクリーチャーを出せる《地獄門デス・ゲート》《緊急再誕》等とも相性がいい。このクリーチャーは軽い為、比較的踏み倒しは容易であるところが嬉しい。

呪文ではないため《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《超電磁マクスウェルZ》の妨害を受けないのも強力。メルゲループワンショットのような呪文封殺からの一斉攻撃を得意とするデッキに対しては耐性があると言えるだろう。

強制的にターンが移るため、S・トリガーで出た場合相手がこのクリーチャーを即座に処理することはほぼ不可能と言って良い。確実に自分のターンに持ち越せるため、そこから進化《無重力 ナイン》の起点にしやすいのは大きな利点。

また、生き残った《ザ・クロック》を《俺流秘伝セイント・フラッシュ》等で繰り返しシールドに追加してやれば、シールド焼却を持たないデッキは勝ち筋を大きく縛られることになる。

但し自分ターンの攻撃中に、相手のS・トリガーによる《リアルとデスの大逆転》《父なる大地》によって強制的に出され、逆に自分の勢いが止められる場合もある。

また《暴走龍 5000GT》《ボルシャック・クロス・NEX》を出されると一切召喚することができなくなるため注意。これらの場合は召喚ではない出し方をすればまだ手はあるが、《龍世界 ドラゴ大王》のように出ることそのものを封じられたり、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》cipそのものを封じられると働かなくなってしまう。相性のいい呪文との併用が望ましいと言えよう。

ゼン&アク《豪遊!セイント・シャン・メリー》《光器セイント・マリア》などで攻撃するときはこのカードを警戒したい。
相手のS・トリガーなどにより、《ザ・クロック》が出てきてしまうとアンタップのタイミングを失ったまま相手にターンが渡ってしまうからである。
特に《豪遊!セイント・シャン・メリー》は除去に耐性を持っているので「除去系のS・トリガーが出てもブロッカーを用意できる」と安易な判断をしないようにしたい。


総じて強力だが癖の強いクリーチャーである為、相手に利用されないように運用したい。


ルール

全て暫定裁定




  • 「ターンの終わりに」誘発するトリガー能力がある場合、すでに解決されているもの以外はすべて無効となる。


代表的な活用例

自身のS・トリガーを活用する場合

手札からシールドゾーンに仕込む

すでにトリガーして場に出たものを再利用する

トップデックからシールドゾーンにランダムで仕込む
手札からのシールド交換の対象枚数を増やす意味合いが強い)

他のカードの力を借りて別のゾーンから出す場合

自分の墓地から

相手の墓地から

自分のマナゾーンから

相手のマナゾーンから

自分の手札から

自他の山札からランダムで

その他活用例









  • 名の通り、体が時計になっている。イラストが指している時間は2時48分。

  • MODE→CHANGEフレーバーテキストは「終り」になっている。原則的には「終わり」が正しいのだが、許容として「終り」も認められている為間違いではない。





関連カード


フレーバーテキスト

  • DMR-09(通常版)
    ザ・クロックは、時間の枠すらブチ破る!
  • DMR-09(MODE→CHANGE)
    貴様の時間はもう終りだ。 ---終末の時計 ザ・クロック
  • DMX-16
    なぜ、アウトレイジが居るのかって?それは私達がどんなルールでも破るからだよ。ぶつくさ言わずに、時間よ、とまれ! ---終末の時計 ザ・クロック
  • プロモ(P18/Y12)
    この栄光の時間を、永遠に…

収録セット


参考