キクチパトロール


《デュエマの鬼!キクチ師範代》《アクア・パトロール》を使ったコンボ。《アクア・パトロール》がプレミアム殿堂になっているため、殿堂ゼロデュエルでしか使用できないが、壊れカードがひしめく殿堂ゼロデュエルの環境すら破壊しかねないことから、捩って「鬼畜パトロール」とも呼ばれる。即死コンボの一種で、カードさえ揃っていればマナブーストも必要なく最低4ターンで決まる。

デュエマの鬼!キクチ師範代 闇文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド 3000
いずれかのプレイヤーの山札から、手札以外のゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを山札に加えてシャッフルする。

禁術のカルマ カレイコ R 闇文明 (3)
クリーチャー:オラクル 3000
いずれかのプレイヤーの山札から、手札以外のゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを山札に加えてシャッフルする。

アクア・パトロール VR 水文明 (4)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーは自分自身のシールドの枚数を数え、それを山札に入れてシャッフルし、その後、山札の上から同じ枚数のカードを裏向きのまま自分自身のシールドゾーンに置く。
※プレミアム殿堂

  • コンボの成立は以下のようになる。
  1. 3ターン目に《デュエマの鬼!キクチ師範代》及び《禁術のカルマ カレイコ》を出す。
  2. 4ターン目に《アクア・パトロール》を出す。
  3. 《アクア・パトロール》の効果で相手はシールドの枚数を数えて山札に入れ、シャッフル。同じ枚数のシールドを置き直す。
  4. 山札から手札以外のゾーン(シールドゾーン)にカードが置かれたため《デュエマの鬼!キクチ師範代》の効果で相手はすべてのシールドを山札に戻しシャッフル。



  • 《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》を使って同一ターン中に《インフェルノ・サイン》を二度唱えられると邪魔されずにキクチパトロールを決められてしまう。殿堂ゼロデュエルでは《ロスト・チャージャー》も使えるため、デッキから2枚を墓地に落としておいて《インフェルノ・サイン》を手札に握っておけば悠々と決められるだろう。このように、任意のタイミングで簡単に実現できてしまう点が問題である。通常環境下では決められないコンボなのが救いか。
    • なおリアニメイトでこれを狙う場合はロマノフで落とすために最初のうちは《デュエマの鬼!キクチ師範代》を召喚できない。もっとも《デュエマの鬼!キクチ師範代》に除去耐性がそれほどあるわけではないので、さっさと墓地に落としても構わないだろう。

  • このコンボが成立するために、《アクア・パトロール》の環境復帰は絶望的になってしまった。それどころか、「殿堂ゼロデュエルでも使用不可にすべきではないか」という殿堂ゼロデュエルの存在意義すら問われかねない事態になった。
    • 全般的に、刺さるデッキには刺さるものの《母なる大地》《スパイラル・ゲート》といった《キクチ師範代》への対抗策も多く、特に《母なる大地》で逆利用される危険も考慮する必要がある。また《アクア・パトロール》に依存しがちである為、積極的にハンデスをされると厳しいものがある。こういった側面から、エンペラー・キリコターボ系列のデッキ等には強いが、青単等が相手だと手も足も出ない……といったことが普通に起こる。いずれにせよ、対策は必須なので気を付けたい。

参考