墓地ソース


《百万超邪 クロスファイア》の登場により考案されるようになり、《暴走龍 5000GT》の登場で一気にメタ格に食い込むほどの躍進を見せた墓地利用デッキの総称。
基本的にはまたはを中心に組まれ、はタッチ気味に投入されるが、《百万超邪 クロスファイア》のほかに積むアタッカーや、《暴走龍 5000GT》を搭載するかしないかで構成は大きく変わる。そのため、どちらかといえば「《百万超邪 クロスファイア》が早めにでてくるビートダウンデッキ」というイメージで差支えない。
とはいえ、墓地が増えるほど強力なカードを出しやすいことや《盗掘人形モールス》の存在から従来のビートダウンに比べて破壊に強い側面を持ち、非常に強力である。

百万超邪(ミリオネア) クロスファイア P 火文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000+
G・ゼロ-自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
パワーアタッカー+1000000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+1000000される)
W・ブレイカー

暴走龍(ライオット) 5000GT  ≡V≡  火文明 (12)
クリーチャー:アウトレイジ 12000
このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、サイキック・クリーチャーを全て破壊する。その後、パワー5000以下のクリーチャーを全て破壊する。
誰もパワー5000以下のクリーチャーを召喚できず、サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。
スピードアタッカー
T・ブレイカー

主要カード

《暴走龍 5000GT》 サイキック、軽~中量クリーチャーを封じる大型フィニッシャー
《百万超邪 クロスファイア》 G・ゼロスピードアタッカーと、抜群の奇襲性

候補カード

カード名 役割
《アクア・メルゲ》 手札交換墓地肥やし要員 殿堂入り
《戦略のD・H アツト》 手札交換墓地肥やし要員
《フェイト・カーペンター》
《シンカイタイフーン》
《禍々しき取引 パルサー》
《日曜日よりの使者 メーテル》
《盗掘人形モールス》 墓地回収要員 殿堂入り
《白骨の守護者ホネンビー》 墓地肥やし墓地回収ブロッカー
《埋葬の守護者ドルル・フィン》 墓地肥やしブロッカー
《学校男》 墓地肥やし除去
《双砲 ロードスター》 墓地肥やし、ビートダウン要員
《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》 手札補充、ビートダウン要員
《疾封怒闘 キューブリック》 条件を満たせばノーコストバウンス 殿堂入り
《終末の時計 ザ・クロック》 防御用S・トリガー
《アクア・サーファー》
《炸裂の影デス・サークル》
《黒神龍オドル・ニードル》
《地獄門デス・ゲート》
《熱血龍 バトクロス・バトル》
《エメラル》 シールド交換S・トリガーを仕込む 殿堂入り
《アクア・スーパーエメラル》 同上 ブロッカー
《インフェルノ・サイン》 リアニメイトS・トリガー 殿堂入り
《光牙忍ハヤブサマル》 シノビ 墓地回収と合わせて使いまわす 殿堂入り
《スクランブル・タイフーン》 手札補充墓地肥やしをしつつ《天災超邪 クロスファイア 2nd》G・ゼロ条件を満たす
《新世界 シューマッハ》

ベースとなるカードは上に挙げたようなカードたちであるが、ヴィルジニアリアニメイトとの混合タイプや、アウトレイジの種族シナジーを生かしたタイプ、《ヒラメキ・プログラム》を使って高速で墓地を肥やしてくるタイプなどバリエーションは豊富である。以下は、フィニッシャーの一例。

フィニッシャー

《大邪眼B・ロマノフ》 大型ハンデスT・ブレイカー
《黒蟲奉行》 確定除去付きW・ブレイカー
《魔光蟲ヴィルジニア卿》 上記2枚を踏み倒す切り札
《魔水晶スタートダッシュ・リバイバー》 展開しつつ奇襲 《モールス》を進化元に
《死神術士デスマーチ》 軽量墓地進化 詰めの一押しに
《死神竜凰ドルゲドス》
《偽りの名 ドレッド・ブラッド》 墓地肥やししつつ何度でも現れるW・ブレイカー
《死皇帝ハデス》 ドレッド・ブラッドやクロスファイアをヒラメいて呼び出す
《天災超邪 クロスファイア 2nd》 《スクランブル・タイフーン》などで墓地を肥やしつつ出せるG・ゼロ&スピードアタッカー

序盤は《戦略のD・H アツト》《フェイト・カーペンター》を始めとした各種手札交換カードを使い墓地を溜める。この過程でフィニッシャーである上記2体が墓地に行ってしまうこともあるが、あとで《白骨の守護者ホネンビー》《盗掘人形モールス》等で墓地回収できる。
理想の流れとしては
2T目に《戦略のD・H アツト》
3T目に《フェイト・カーペンター》
4T目に《白骨の守護者ホネンビー》
と繋いで《百万超邪 クロスファイア》を呼び出す。その後は、増えた墓地を利用しつつ攻撃していく。



DMR-11《天災超邪 クロスファイア 2nd》が登場してからは、《スクランブル・タイフーン》《日曜日よりの使者 メーテル》によって《天災超邪 クロスファイア 2nd》《百万超邪 クロスファイア》を手札に呼びつつ、両方のG・ゼロを同時に満たして攻めるタイプも登場した。《疾封怒闘 キューブリック》の存在もあり、「《スクランブル・タイフーン》を唱えるだけでバトルゾーンクリーチャーを1~3体バウンスしつつ、スピードアタッカーW・ブレイカー持ちが2体並ぶ」という超強力なビートダウンが可能だった。

上記のコンボが強力すぎたためか、2014年5月24日付けで《疾封怒闘 キューブリック》殿堂入り。それからは元のように墓地を肥やしつつ《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》でビートダウンを仕掛けるフルクリーチャー気味の構成が主流となり、ドラゴン・サーガ環境でも結果を残している。DMR-13で登場した超強力フィニッシャー《熱血星龍 ガイギンガ》《百万超邪 クロスファイア》で殴り返せるところ、ドラグナーサイキック・クリーチャーのほとんどを《暴走龍 5000GT》で封殺できるところも環境にマッチしている。

基本的には墓地肥やしが主戦術であるため、墓地を更地にする《お清めトラップ》《サイバー・N・ワールド》《埋没のカルマ オリーブオイル》を使われると展開が遅れてしまい厳しくなる。また、《疾封怒闘 キューブリック》殿堂入りしてからは相手クリーチャーの除去手段が乏しくなったため、殲滅返霊持ちの《時空の封殺ディアスZ》に完封されることが増えた。
しかしながら、デッキ全体としてビートダウン力が非常に高いために、《百万超邪 クロスファイア》さえ出せれば物量で押し切れてしまうこともよくあるのが、このデッキが環境に残っている理由だろう。

参考