《EX秘伝カツトンファー》


EX(エグザイル)秘伝カツトンファー P 火文明 (4)
呪文
アタック・チャンス-エグザイル・クリーチャー(自分のエグザイル・クリーチャーが攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい)
このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体のパワーは+6000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。そのクリーチャーがこのターン攻撃した場合、攻撃の後、そのクリーチャーを破壊してもよい。

DMD-11で登場したアタック・チャンス呪文
自分のクリーチャー1体にパワー+6000とブレイク数1枚増加を与え、効果を受けたクリーチャー攻撃後にそのクリーチャー破壊することができる。

《千切秘伝ワイルド・ベジタブル》エグザイル・クリーチャー版と言ったカード。
ドロン・ゴー補助の自壊効果が付いてきたため、自らを破壊しやすくする何らかの能力を所持していない《超合金 ロビー》《暴剣坊 アラシ》《双拳銃 ドラポン》ドロン・ゴーしやすくなったと言える。

しかし、このカードの真価を発揮するのはカード名イラストにもあるように武闘と組ませた時だろう。
《武闘龍 カツドン》ならばパワー11000までのクリーチャーを討ち取れるようになり、《武闘将軍 カツキング》ならばバトルに勝利した際のブレイク数も+1され、1回で2枚ものシールドを割ることが可能となる。
更にどちらもスピードアタッカーを持つことから、自壊させることで手札から追加で武闘を呼び出して殴りかかることができる。

ちなみにアタック・チャンスエグザイル・クリーチャーを指定しているが効果の対象とするクリーチャーは何でも良いため、シールド・ゴーpig能力持ちの補助として使えなくもない。


  • 実際のテキストは
このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体のパワーは+6000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。そのクリーチャーがこのターン攻撃する時、攻撃の後、そのクリーチャーを破壊してもよい。
とある。このテキストだと、アタック・チャンスで唱え、攻撃中のエグザイル・クリーチャーを対象にした場合、パワーとブレイク数の追加は問題無く適用されるが、「攻撃する時」の効果がトリガーするタイミングは既に過ぎているので攻撃後の自壊効果は発動することができないとされていた。明らかにエグザイル・クリーチャー特有のドロン・ゴーをサポートするための呪文であるのだが、この裁定ではアタック・チャンスで能動的にドロン・ゴーを行うにはエグザイル・クリーチャーを二体用意しなければならずほとんど意味をなさず、アニメでも普通に攻撃宣言したエグザイル・クリーチャー破壊していた。のちにエラッタが出され、攻撃(宣言が完了)したエグザイル・クリーチャー破壊できるようになった。

  • イラストにはアルファベットの「E」と「X」が描かれている。ちなみにこの技を放っているクリーチャーは《武闘龍 カツドン》。イラストレーターも同じである。


関連カード


収録セット


参考