《天災超邪 クロスファイア 2nd》


天災超邪(ビリオネア) クロスファイア 2nd(セカンド) R 水/火文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジMAX 7000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
G・ゼロ - このターン、カードを6枚以上引いていて、自分の 《天災超邪 クロスファイア 2nd》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー

DMR-11で登場した/アウトレイジMAX

クロスファイアの名を持つ3枚目のカードである。

肝心のG・ゼロの条件は「このターンカードを6枚以上引いていて、なおかつ自分の《天災超邪 クロスファイア 2nd》バトルゾーンになければ、このクリーチャーをノーコスト召喚してもよい。」というもの。

ターンの始めのドローもカウントされるので、5枚以上ドローするカードと相性が良い。
具体的な例としては、《サイバー・N・ワールド》《新世界 シューマッハ》《スクランブル・タイフーン》など。

特に《新世界 シューマッハ》《スクランブル・タイフーン》アウトレイジ墓地戦略とも噛み合うため相性抜群である。
墓地をある程度溜めていれば、同ターン中にこのカードの元となった《百万超邪 クロスファイア》と共に2体同時に召喚することも夢ではない。

また変わったところでは、《ニンプウ・タイフーン》を使うという手もある。
多少運が絡むが後攻2ターン目で《ニンプウ・タイフーン》を唱えカードを5枚引き、《天災超邪 クロスファイア 2nd》手札に持ってくることができれば2ターン目にG・ゼロ召喚することができる。

しかし、《百万超邪 クロスファイア》と同じく、同名カードがバトルゾーンにいない時しかG・ゼロで出せない。墓地肥やしさえすれば気軽に出せるあちらとは異なり、こちらは条件を満たすのに何らかのコンボが必須なので、この点は非常に痛いだろう。

何らかの大量ドローを利用するデッキに1、2枚挿しておく使い方になるか。



関連カード


フレーバーテキスト


収録セット


参考