《魔龍バベルギヌス》


魔龍バベルギヌス VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ/グランド・デビル 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーのクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、そのプレイヤーの墓地から、《魔龍バベルギヌス》以外の進化ではないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。


非常に汎用性が高く、を含むマナブーストが可能なデッキならばいずれも採用する価値がある。
自分のフィニッシャーcip持ちをリアニメイトしても良いし、相手のフィニッシャーウィニーに変換することもできる。進化クリーチャーで無ければ何でも呼び出す事が可能なため、かの《勝利宣言 鬼丸「覇」》を出す事も出来る。

自身または適当なクリーチャーを破壊して墓地から大型クリーチャーを出すのが主な使い方だが、状況次第では、相手の《無頼聖者スカイソード》《神門の精霊エールフリート》などのcipで強制的にデッキを消費するカードを呼び出して、ライブラリアウトに追い込むことも可能である。

もちろん、《サイバー・G・ホーガン》などバトルゾーンにある自分のクリーチャーcipを使いまわしてもいい。特にサイバー・G・ホーガンでは必須カードとして扱われる。

《インフィニティ・ドラゴン》と組み合わせることで、ノーコストでのリアニメイトが可能となる。この場合、置換効果で墓地に置いたカードをリアニメイトすることも可能。
《インフィニティ・ドラゴン》は墓地にドラゴンファイアー・バードを溜め込んでくれるため、このカードとの相性は抜群。
もちろん《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》との相性も良好。
連ドラ黒赤緑連ドラの主要ギミックの1つである。また、《神羅スカル・ムーン》のコンボは絶大。相手のクリーチャーを破壊しつつリアニメイトができる。











  • ドラゴン・ゾンビは全体的にパワーが高めだが、このクリーチャーはわずか1000。もっとも、能力の性質上あまり気にならないだろう。また、非力ながら種族が優秀なため進化元としても使える。



  • アニメ「新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ」では、様々なキャラクターのデッキに入っている。
    アニメ「デュエル・マスターズ ゼロ」では黒城が使い、「デュエル・マスターズ クロス」では、イエスマンやキサナドゥが使用している。


関連カード


フレーバーテキスト


収録セット


参考