サバイバー(種族)


DM-05DM-06DMD-26に存在する特殊種族

5つの文明全てに存在し、進化クリーチャー以外はサバイバーともう1つの種族を持っている。
サバイバーは味方同士でサバイバー能力を共有することができ、数が並ぶほど強力になっていくという特性を持つ。

命名ルール

名前の最後にギリシア文字のα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)のいずれかがつき、これはレアリティによって変化する。
DMD-26で新規に収録されているカードにはレアリティが付いていないものの、デッキ内での役割に応じていずれかのギリシア文字が入っている。

非進化 進化 多種族
(コモン)~α(アルファ) ~・トゥレイト
(~にはギリシャ文字のカタカナ読み)
(アンコモン)~β(ベータ)
(レア)~γ(ガンマ)
(ベリーレア)~δ(デルタ)
ただし、例外的な存在である《究極男》にはギリシャ文字がつかない。

種族欄に記載される際、多種族の場合はスラッシュで分割されるかわりに"[サバイバー]"と表記される。意味はスラッシュによる分割と変わらない。
単種族の場合は他の一般的種族と同様な角括弧なしの"サバイバー"表記で永らく統一されていたが、DMD-26再録された《シータ・トゥレイト》では多種族サバイバー同様の"[サバイバー]"表記が用いられている。

主なクリーチャー

ブレイズザウルスα(アルファ) C 火文明 (2)
クリーチャー:ロック・ビースト[サバイバー] 1000
SV-パワーアタッカー+1000
サバイバー(このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他のサバイバーも上のSV能力を得る)

シェル・ファクトリーγ(ガンマ) R 自然文明 (6)
クリーチャー:コロニー・ビートル[サバイバー] 2000
SV-このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の山札を見る。その中からサバイバーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
サバイバー(このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他のサバイバーも上のSV能力を得る)

シグマ・トゥレイト R 火文明 (6)
クリーチャー:サバイバー 9000
進化-自分のサバイバー1体の上に置く。
クルー・ブレイカー:サバイバー

サバイバー種族の最大の特徴は、仲間同士で能力を共有できるサバイバー能力である。サバイバーアイコン以下に書かれた能力を他のサバイバーにも与えることができる。

例えば、ブロッカー《鉄壁の守護者ガリア・ゾールα》バトルゾーンにいる状態で、スレイヤー《ギガリングα》を出すと、サバイバー能力によってこれらのクリーチャーブロッカースレイヤーを両方持つようになる。

ここにさらに《ブレイドラッシュ・ワイバーンδ》を追加すると、W・ブレイカーも共有されて、ブロッカースレイヤーW・ブレイカーを併せ持つサバイバーが3体並ぶことになる。このように、味方が並ぶほどにどんどん能力を共有し合って強化されていくのである。

ただし、共有できるのは、アイコンで示されたサバイバー能力だけである。サバイバーアイコンが付いていない《シグマ・トゥレイト》クルー・ブレイカー《キング・ムーγ》W・ブレイカーは共有できない。

同様に《ビックリ・イリュージョン》を唱えて《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を「サバイバー」に変えた場合も、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》ブレイクしたシールド墓地に置く能力を他のサバイバーが得ることはできないので注意。

基本セット時代のDM-05に登場した古いシステムではあるが、なかなかアクが強く、闘魂編ではメタゲームで活躍することもあった。

しかし、背景ストーリーでは全滅扱いとなり、およそ10年にわたって再録がない不遇の種族であった。長らく不遇な時代を過ごしてきたが、革命編に入ると構築済みデッキであるDMD-26が発売。これによってサバイバーは待望の復活を果たすことなった。

味方が増えれば増えるほど強力になっていく性質からコンボ性が強いが、大量展開に長けており強力なデッキを組むことも可能である。

いかにもデュエマらしいトリッキーな動きを楽しみたい人にはおすすめの種族だろう。




  • サバイバー自体はストーリー設定上全滅ということになっており、DM-06以降、新たなサバイバーが出る可能性はほとんどないと思われていた。しかし、DMX-12においてサバイバーを含む特殊種族を全て併せ持つ、《究極男》が登場。例外的な存在とはいえ、10年越しのサバイバーの復活に往年のファンは驚いた。

  • その後2015年8月にはDMD-26が発売。サバイバーの完全復活であり、強力なサバイバーが一気に増えた。
    • 元々過酷な環境に適応していたサバイバーは全滅を免れ休眠状態で生き残っており、アウトレイジとオラクルの戦争後の世界で《電磁星樹アマリンα》が戯れに動かした禁断のプログラム「O.V.E.R.Evo.」によって復活、急速に進化した。




  • サバイバー(Survivor)とは生存者という意味。

サバイバー種族を持つカード

光文明

水文明

闇文明

火文明

自然文明

多文明

サバイバーの進化


参考



サバイバー(デッキ)


サバイバーを使った種族デッキ

《シェル・ファクトリーγ》能力で軽量サバイバーを大量展開したのち、《シグマ・トゥレイト》《オメガ・ゴライアスδ》を出して一気にとどめを刺すのが基本戦術。

シェル・ファクトリーγ(ガンマ) R 自然文明 (6)
クリーチャー:コロニー・ビートル[サバイバー] 2000
SV-このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の山札を見る。その中からサバイバーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
サバイバー(このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他のサバイバーも上のSV能力を得る)

オメガ・ゴライアスδ(デルタ) P 自然文明 (8)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト[サバイバー] 5000+
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
SV-このクリーチャーのパワーを+5000し、「W・ブレイカー」を与える。
サバイバー

基本的に、軽量サバイバーである《モリノオウジャダケα》《威嚇するスマッシュ・ホーンα》と、核となるサーチカード《シェル・ファクトリーγ》を要する自然を主軸とする。

《猛毒モクレンβ》《トリトーンβ》マナ手札を増やして《シェル・ファクトリーγ》に繋ぎ、《キング・ムーγ》《雲上の精霊オービスγ》制圧した後に《オメガ・ゴライアスδ》で打点を強化してとどめを刺すというパターンが多い。この場合は自然タッチした形となる。

の代わりに別の文明を使う手もある。その場合、軽量サバイバーの《ブレイズザウルスα》や、W・ブレイカーを味方と共有する《ブレイドラッシュ・ワイバーンδ》が使えるようになる。クルー・ブレイカー《シグマ・トゥレイト》を使えば1ショットキルもそう難しくはない。

他にはを入れて《死縛虫グレイブ・ワームγ》で延々とサルベージを行う戦術もある。

サバイバーは全ての文明に存在するため、プレイヤーの好みを活かしやすい。

各文明の役割




基本的な戦術

《シェル・ファクトリーγ》サーチ能力で大量のサバイバーを並べてから《オメガ・ゴライアスδ》《シグマ・トゥレイト》で一気にトドメを刺すのが主流。

《シェル・ファクトリーγ》は一旦バトルゾーンに出せばマナの続く限り連鎖的にサバイバーを呼べるため、このカードの早期召喚が勝負の鍵といえる。


DMD-26の発売後は《猛毒モクレンβ》《トリトーンβ》のような小型サバイバーでアドバンテージを稼げるようになったので、序盤はそれらで戦っていくのもいいだろう。

サバイバーにはコスト6のクリーチャーが多いため《ガチャンコ ガチロボ》と組み合わせるという手もある。コスト6軸のガチャンコ ガチロボならこれまでの中途半端な重さが逆にメリットとなり、従来では採用率の低かった《スフィンティラノスβ》《流星魚α》も無理なく入る。

このデッキの弱点

キーカードである《シェル・ファクトリーγ》をはじめとして、クリーチャーの基礎パワーが低いのが欠点。ウィニーの大敵である《メガ・マグマ・ドラゴン》《暴走龍 5000GT》には気をつけたい。特に後者は墓地ソースなどによく採用されており、出されるだけで詰みに近い状態に追い込まれることが多い。

《光器ペトローバ》《オメガ・ゴライアスδ》などのパンプアップを利用すれば対抗できるので、積極的に活用したい。パワー5000を上回れば破壊されないので、そこが重要なラインとなるだろう。

また、クリーチャーを大量に並べることから《アポカリプス・デイ》を喰らいやすい。相手が使ってきそうならばクリーチャー数を絞ったり、《死縛虫グレイブ・ワームγ》手札に控えておくなどして対処したい。ウルトラ・セイバーを持つ《宣凶師ラッセルズβ》がいれば被害を半分に減らせるので覚えておきたい。

その他




環境において

サバイバーがメタゲームの一角を占めていたのは闘魂編環境である。この時は《アストラル・リーフ》を主軸にしたリーフ青単とその派生デッキがトップメタを占めていたが、それに対抗できる貴重なデッキタイプとして、環境で存在感を発揮していた。

前述のように、ビートダウンにはS・トリガーブロッカー《ギガリングα》での相打ちができ、コントロール相手にも《死縛虫グレイブ・ワームγ》《ダーク・ティアラγ》などで対抗できるため、当時はあまり隙のないデッキであった。

サバイバー《シェル・ファクトリーγ》《死縛虫グレイブ・ワームγ》などのシステムクリーチャーにより、《アクアン》デッキの強力なドローソースに対抗。能力共有によりクリーチャーの数では勝てないものの、質においてはリーフ青単を上回る事もあった。

しかし聖拳編になると《無頼勇騎ゴンタ》《無頼勇騎ウインドアックス》など速攻を援護するカードが増える。コントロールデッキアクアンホワイトブラック多色を獲得したことにより頭一つ抜けた存在になり、このデッキはメタゲームから失落した。

しかし、メタゲームから脱落して以降、長らく冬の時代を過ごすこととなる。背景ストーリーの都合もあり、DM-06で収録されて以来、長年再録されることすらないという状態であった。

それでも古参のプレイヤーの中には熱心な愛好家が存在し、細々とデッキが組まれてはいた。

エピソード2DMX-12では久しぶりの新規サバイバーとして《究極男》が登場。多くの特殊種族とソウルを併せ持つ特殊な存在ではあるが、古参のプレイヤーを驚かせることとなった。

闘魂編からおよそ11年後、革命編に入るとサバイバーをテーマにした構築済みデッキであるDMD-26が発売。多数の新規サバイバーが登場は古参ファンを歓喜させるとともに、カード資産の乏しい新規プレイヤーでも手軽にサバイバーの戦略を楽しめるようになった。
更にDMX-22では初の3色サバイバーとなる《瞬速のアタカマイトβ》が登場。サバイバーデッキにもおよそ10年越しに新たな形が生まれることとなった。

参考