国籍法改正案まとめWIKI 2

top..

資料

運動


参考資料

link


このページの閲覧者
総数 -
昨日 -
今日 -

はてなブックマークに登録はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録
現在、bookmark_livedoorプラグインはご利用いただけません。

deliciousに登録deliciousに登録
現在、bookmark_niftyプラグインはご利用いただけません。

現在、bookmark_fc2プラグインはご利用いただけません。

更新履歴

取得中です。

国籍議連


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


国籍議連 (国籍問題を検証する議員連盟)

08.11.17 「国籍法改正案を検証する会合」に賛同する議員の会 発足

無所属
発起人代表 平沼赳夫
自民党
赤池誠章 / 戸井田とおる /稲葉大和 / 西川京子 /古屋圭司 / 下村博文 / 馬渡龍治 / 牧原ひでき

08.12.06 検討項目

  • 名称変更 「国籍問題を検証する議員連盟」(略称:国籍議連)
  • 役員は、平沼赳夫会長、戸井田とおる幹事長他、私赤池が事務局長となる予定です。 多くの議員にも賛同を求めたいと思います。
  • 今後の国籍問題の検討項目
1 法務省の省令・通達のチェック(年内に議連会合を開催予定)
2 法務局窓口での水際対策の実効性の確保 11点の厳格化は機能するのか
3 DNA鑑定の検討
不可欠論と民法への波及を恐れての消極論あり。日本人のアイデンティティ、伝統文化、教育などの本質的な議論が必要。
4 重国籍の増加に対する歯止め
今回の法改正で重国籍者が増加。22歳の国籍選択制が機能していない。外国は徴兵制によって国籍選択を迫られる。日本でもスクーリングが必要。
5 最高裁の問題 内閣の人選と総選挙での審査制度の活性化
民法772条で憲法違反の裁判が起こされる。司法修習生は外国人に門戸開放
6 帰化制度、移民問題
7 マスコミ報道の問題
ネットでの盛り上がりが今回大きい。反面マスコミは報道しないことは問題。2年前のイラン人不法滞在にしても、最近のフィリピン人の報道しても感情論で法が流される危険性がある。
8 自民党内の国籍問題に関するチェックが必要
9 諸外国からの法案悪用の危険性
10 半年ごとの国会への状況報告を受けてのチェック体制の構築

08.12.16 民事局長通達イメージ資料

出席者
参議院議員 秋元司・有村治子・衛藤晟一・中川義雄・西田昌司・牧野たかお
衆議院議員 赤池誠章・飯島夕雁・井澤京子・稲田朋美・江藤拓・戸井田徹・中山泰秀・林潤 
平沼赳夫・古屋圭司・馬渡龍治・若宮健嗣・三ツ林隆志・宮下一郎・山本朋広
法学者 百地章教授
+ 国籍法改正に伴う民事局長通達イメージ資料

08.12.19 衆・自民・赤池誠章 - 改正国籍法1月1日施行 12月16日窓口対応と連携を確認


09.02.25 衆・自民・馬渡龍治 - 国籍問題を検証する議員連盟 第5回会議・偽装認知

09.04.07 衆・自民・赤池誠章 - 第6回国籍議連でチェック

09.04.08 衆・自民・戸井田とおる - 国籍議連報告とNHKプロジェクトの事

09.04.09 衆・自民・馬渡龍治 -国籍法