首都大学東京 「心の科学(前期)」




連絡事項

  • 0812:レポート提出締切段階でのレポート受領確認者の一覧を以下にアップします.提出したにもかかわらず学修番号のない学生は指示に早急に従うようにして下さい.
  • 0802:8月1日現在のレポート受領確認者の一覧を以下にアップします.提出したにもかかわらず学修番号のない学生の方は指示に従うようにして下さい.
  • 0722:男性および実験に参加していない女性のための研究の日程が決まりました.以下をご覧下さい.実験参加希望を提出していない方も,提出した方の場合は提出した時間でなくても,実験を実施する日程に指定の場所に集合していただければ実験に参加することができます.日程によって場所が異なりますので,ご注意ください.
  • 0715:7/8に募集した女性限定の研究の日程が決まりました.以下をご覧下さい.無断欠席は減点の対象となりますので,都合が悪くなった場合には指定のメールアドレスに連絡して下さい.また,連絡を取ることがありますので,指定のメールアドレスから受信できるように設定をしておいて下さい.男性および学修番号のない女性の方は別の実験の方に参加して下さい.日程は後ほどアップするようにします.
  • 0715:評価に関する案内(試験問題・レポートの案内を含む)を以下にアップしました.
  • 0714:7月22日には調査へのご協力をお願いするため出席を取ります.
  • 0714:7月15日にも実験参加募集を行います.
  • 0714:7月15日には試験および評価について説明を行います.
  • 0623:社会心理学のファイルをアップしました.
  • 0523:思考心理学のファイルをアップしました.遅くなって申し訳ありません.
  • 0426:4/22に欠席して実験参加登録を行えなかった学生に対しては,4/29の授業で説明を行います.
  • 0407:初回は4/15に行います.


配付資料... 随時公開

  • 注意事項
    • ファイルをクリックするとパスワードが要求されます.パスワードは講義中に指示します.
    • 資料はPDFファイルで公開しています。もし自宅のPCで閲覧できない場合には,Acrobat Reader日本語版 をインストールするか,大学のPCを利用して下さい。

  1. ガイダンス
  2. 進化的アプローチとは
  3. 知覚心理学
  4. 思考心理学
  5. 社会心理学


シラバス


  • 授業のテーマ
    • 進化心理学視点を取り入れて,人を適応エイジェントと捉える立場から,ヒトの情報処理過程を解説する講義形式の授業を行う.その中で,心理学の基本的な考え方を理解し,実証的な心理学に対する興味・関心を高める.
  • 授業の到達目標
    • 心理学の基本的な知識を習得するとともに,ヒトという種の行動と他の種の行動が共通の観点から理解できる可能性を認識する.また,ヒトはそれぞれ違うものではあるものの,共通した基盤を持っていることを理解し,自己や他者の理解をより深める.

  • 授業内容
    • 本講義では,進化心理学的意味での「適応」という概念を軸に,人の情報処理過程を明らかにする.取り上げるテーマは,①知覚心理学,②思考心理学,③社会心理学といった領域からピックアップする.

  • 授業計画
    • ガイダンス(1回)
    • 進化的意味での「適応」とは(2回~3回)
      • 適応」と「進化」について簡単な概観を述べる.「包括適応度」「性淘汰」「互恵的利他」について解説する.
    • 知覚心理学(4回~6回)
      • 人の知覚システムについて,適応という観点から解説する.主に視覚を取り上げ,他の種との違いや錯視や奥行き知覚などを取り上げ紹介する.
    • 思考心理学(7回~10回)
      • 社会的推論において推論・思考過程を規範的推論ルールと実用論的思考を対比させながら,領域限的的な推論過程についても取り上げて解説する.
    • 社会心理学(11回~14回)
      • 人の複雑な社会行動が進化的観点からどの程度説明できるのかを,援助・攻撃行動,恋愛行動,分配行動などを取り上げて解説する.
    • まとめと試験(15回)

テキスト

  • 書籍は用いないが,授業で用いるプリントを担当者のWebページにアップしておくので,それが講義テキストとなる.随時参考書籍は授業時間内に紹介する.

評価

  • 成績は学期末に行う試験(約90%)と出席得点(約10%)で評価する。ただし,実験参加レポートまたは代替課題レポートを提出した学生には,その得点を加点して評価する.

注意事項

  • 1回目の講義で,講義内容や履修上の注意やオフィス・アワーなどについて説明するので,1回目は必ず出席すること.心理学の知見がどのような方法論によって得られるかの理解の促進には,実際の実験や調査に参加することが必要である.そのため,実験や調査に積極的に参加するようにお願いしたい.
  • 後期月4限「心の科学」と同一内容である.
  • この科目は,人文・社会系心理学分野の推奨科目である.
  • この科目は,H24年度までの「心理学」を名称変更した科目である.すでに,「心理学」を履修した学生は,この科目を履修することはできない.