※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VAIO VGN-C70B/W に XP を導入する方法


実験に使ったターゲットPC

VAIO typeC VGN-C70B/W

重要:ここでのXP化は初期のtype Cを前提に書かれています。(VGN-Cxxシリーズ)
VGN-CRxxシリーズはここに書いてある方法で対応できるとは限りません(失敗したとの報告もあります)
VGN-CRxxシリーズを使っている方は特に注意して実行してください

準備

  1. 現状のリカバリを行うため、リカバリCDは必ず作っておきましょう!
 これを忘れると、有料でCDを買う羽目になります。作成方法は説明書を参考にしてください。

  1. さらに念のため、Vista の状態で、Vista用のドライバを確保します。DriverMaxというソフトを使うと、簡単にまとめてバックアップできるので、このソフトを使用すると、非常に簡単にドライバだけを抽出できます。

【注意】
 DriverMaxは、集めたドライバを新しい環境へ一発で再インストールする機能がありますが、XPインストール後、DriverMaxで再インストールを行うと、以下のドライバのインストールが正しく行われませんでした。

Microsoft 1394 Drivers ×
nVIDIA Display Drivers
SonyCorp. FeliCa Drivers ×
Microsoft Keybord Drivers ×
Alps Mouse Drivers
Microsoft Net Drivers
Intel Net Drivers
Microsoft USB Drivers ×
Microsoft Volume Drivers
Microsoft VolumeSnapshot Drivers
USB HS-CARD Drivers

×=Error △=Failed

  1. 以下のサイトから、XP用のドライバやユーティリティを入手しておきます。

  • VAIO SZ 用ドライバ:114MByte
  • VAIO C2 用ドライバ:121MByte
  • VAIO C2 用ユーティリティ:71.5MByte
  • FeliCaポートソフトウェア&ドライバ:2.90MByte

※CRシリーズにもドライバ詰め合わせzipがあるようです。originalディレクトリにそれとおぼしきファイルがあるので
試してみる価値はあるかも。もちろん自己責任です。

 それぞれかなり大きいので、展開して CD-R に焼いておくことをお勧めします。
 また、入手に時間がかかるので、夜間に引っ張っておくことをお勧めします。
【注意】
 ドライバファイルを展開するときに、SZ用ドライバとC2用ドライバは、別の名前のフォルダに展開するようにしましょう。デフォルトだと、どちらも「Drivers」というフォルダに展開してしまうため、上書きしてしまう可能性があります。
 以下の説明では、SZ用ドライバはSZ_Driversに、C2用ドライバはC2_Driversに展開した、という前提で説明しています。

  1. Vista 環境を残したい場合は、あらかじめパーティションを切っておきましょう。お勧めは 16384MByte(16GByte認識)です。
 個人的には、リカバリCDさえ作ってしまえば、Vista Home Basic の環境は捨ててしまっても問題ないと思います。私はすっぱり消してしまいました。

 ここまでできたら、作業に移ります。

作業手順


  1. Windows XP SP2 をインストールします。パーティションをきった場合は、Vistaがインストールされていないパーティションに、クリーンインストールの場合はすっぱり全部消しますので、お好みで。作者はC:ドライブのみの1パーティションで作成しました。

  1. 以下のURLにある、SZダウングレード手順に従って作業を進めます。


 筆者は以下の手順で作業しました。なお、作業の途中に「新しいハードウェアの検索ウィザード」が立ち上がることがありますが、特に指示がない限りはすべて「キャンセル」します。

  1. ドライバのインストール
    1. チップセットドライバ
C2_Drivers\Chipset\Setup.exeを実行しインストール
インストール後は再起動

    1. ビデオ:nVidia Geforce Go 7400
デバイスマネージャを起動し、「?」になっているところのビデオコントローラを右クリック。表示されたメニューから、「ドライバの更新」を選択してドライバをインストール。
「一覧または特定~」に、C2_Drivers\Video2\を参照して設定し、インストールする。
インストール終了後、ディスプレイの解像度が1280×800になっていることを確認。
なっていない場合は修正する。

    1. ビデオ:Mobile Intel(R) 945GM Express Chipset Family
「一覧または特定~」に、C2_Drivers\Video1\を参照して設定し、
インストールする。

    1. オーディオ
C2_Drivers\Audio\UAA High Definition Audio Class driver\kb835221.exeを実行。
「新しいハードウェアの検索ウィザード」が立ち上がりますが、「キャンセル」してください。
インストール後、C2_Drivers\Audio\Setup.exeを実行。
インストール後、再起動。ここで終了音が鳴る。

    1. モデム
 C2_Drivers\Modem\HXFSetup.exeを実行する。インストール画面とか出ず、実行した
かどうか不明になるかもしれないが、デバイスマネージャを確認すれば、モデムが正しくインストールされたことが確認できる。

    1. Bluetooth
  http://www7.atwiki.jp/vaio_type_sz/pages/10.htmlのBluetoothと同じ作業を行う。ドライバは決してインストールしないこと。

    1. ネットワーク
 デバイスマネージャを起動し、イーサネットコントローラを右クリック
 ドライバの更新を選択し、「一覧または特定~」から、SZ_Drivers\Network
を参照してインストール。

    1. 無線LAN
 C2_Drivers\WirelessLAN2\iProInst.exe を実行してインストール。
 オプションは特に指定しなくても、標準で十分。

 ※VGN-CR60B/P Atheros製のWLAN(LAN-Express AS IEEE 802.11g PCI-E Adapter)は、
 こちらのドライバーで動きました。
 http://www-06.ibm.com/jp/domino05/pc/download/download.nsf/jtechinfo/MIGR-52527
 http://www.station-drivers.com/page/atheros.htm Serie 802.11b/g/n Wireless Network Adapterが該当のドライバ

    1. FeliCa
 用意したFeliCaPortWithDriver.exeを実行してインストール
 インストール後、デバイスマネージャを起動し、大容量記憶域コントローラを右クリック
ドライバの更新を選択し、「一覧または特定~」から、C2_Drivers\FlashMediaを参照してインストール。

 以上でデバイスドライバに表示されていた「?」は全部クリア。再起動する。

    1. Alps Pointing device for VAIO
 デバイスマネージャを起動し、「PC/2互換マウス」をクリック。
 ドライバの更新を選択し、「一覧または特定~」から、C2_Drivers\Pointingを参照し、インストール。
 タッチパッドによるスクロールなどの機能が使えるようになります。

ユーティリティについて

好みに応じてインストール。
※:Utils Installer Bluetooth Stack for Windowsは不要。

【最低限構成】
  • Utils Installer 1 SonyUtils DLL
  • Utils Installer 2 Sony Shared Library(インストール後、再起動)
  • Utils Installer Battery Checker
  • Utils Installer VAIO Control Center
  • Utils Installer VAIO Power Management
  • Utils Installer VAIO Event Service
  • Utils Installer Wireless LAN Starter
  • Utils Installer Wireless Switch Setting Utility

Vistaとデュアルブートにした人は、以下のURLを参照して作業してください。


【Special Thanks!】

2chのノートPC板「【ノートPC】- 【 VAIO type C 】Part1 で、果敢にダウングレードに挑戦してくれた神の皆さん

VAIO typeSZ Wiki


おまけ

Toshiba StackではなくWindows標準のものを使う

こちらを参考にする。
typeCの場合、300cではなく300dにする。