※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「【九十二話】」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

【九十二話】」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+312 自分:わらび餅(代理投稿) ◆jlKPI7rooQ @転載は禁止[] 投稿日:2015/08/30(日) 05:11:55.22 ID:AgCPeYID0 [77/97]
+【92話】チッチママ ◆pLru64DMbo 様
+『海の掟』
 
+何か怖い体験なーい?と友人に連絡してみたところ田舎だから
+くるわくるわで夏だなって感じです
+その中の一つを紹介
+親が漁師のその子の家は今でも近場の他府県がこっそり禁止されてるのに泳ぎに来ます
+でも地元民は近づきません、だってそこは遺体があがる場所だからです
+潮の加減か、海で不明者が出た時はよくそこにあがるんです
+近くに極楽とついた供養の寺まである始末(あ、地元バレたかな?)
+友人の実家は漁師の集落で子の名前は霊感のある婆さんにつけて貰います
+なんでも守ってもらう為と見逃して貰う為だそうです(何に?)
+幼い時から言われていたのは、浜で石を拾うなと、人が亡くなった一週間は魚を食べてはいけない
+目の前が浜辺だからよく遊んでいたそうで、友人の幼い弟はうっかり石を持って帰宅してしまったそうです
+両親がそれを見つけ大騒ぎ、同居していた祖母さんが友人と弟を連れて
+暗いのに浜辺に戻り、石を返しに行ったそうです
+祖母さんがお経をとなえて最後に「見逃して下さい見逃して下さい」と友人と弟に土下座させて
+そして帰宅するなり玄関前で塩を山ほどかけられたあげくに次の日に近くの寺にお祓いに行ったそうです
+友人いわく石を返す時に、石の模様が人の顔に見えたと、そして石の顔の目がずっと弟を見ていたそうです
+兄弟二人は漁師になるのを拒絶して今は他府県で会社員をやっています
+いまだに、その水泳禁止で何も知らない人が亡くなるのが多いです
+
+(終)