※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

294 自分:わらび餅(代理投稿) ◆jlKPI7rooQ @転載は禁止[] 投稿日:2015/08/30(日) 04:40:28.45 ID:AgCPeYID0 [69/97]
【87話】デッドエンド ◆JY70SElFKI 様
『おんぶ』

まだ携帯電話がなかった時代の話です。
晩に電話ボックスで友人と電話をしていた時、空の月の話になって外をみようとしたら、なぜか四方をガラス面で囲んだ電話ボックスの1面だけ見えない。
近ずくと見えなくなるわけです。ん?どうゆうこと?そのことを電話相手に話すと「霊が張り付いてんねん(笑)」と私を怖がらさるためなのか笑えないことを言ってきました。
そして「なんか音聞こえるけどなに?」と聞かれ私もその音に気づきました。
それは水が落ちてきて竹がスコーンって鳴るやつ。
あれに似た音でした。これってラップ音てやつ?そうこうするうちに友人がちょと待っててと言うので受話器を耳に当てたままボックスの中でしゃがみこんで待っていたら、なんか誰かと目が合ってる。
膝ぐらいの高さの草むらから顔だけ出してる男の人の目と合ってるんです。
友人の呼びかけにもしばらく気づかずただ頭が真っ白で目が釘ずけになっていました。
やっと友人のもしもしに気づき、目が合ってたと言うと、はぁ?と返され今起こってたことを話すと、もうそこ離れた方かいいよと言われ電話を切って家に帰ることにしました。
ふと横を向くと、ボックスのガラス面って夜に見ると鏡のように自分の姿が映るですが白いシャツを着た男の人が映ってるです。
その前に私の姿、よく見ると私におぶさっている。
首から上が無い男の人が、、その途端急に体調が悪くなり汗、冷汗?が流れだし体が重い重い。
重い足どりでヨチヨチと家まで辿りついて、友人に無事に帰ったことを報告するために受話器を取りプッシュホンを押す。
ピッピッ、、ピッ、ん?なんか口もとが濡れてる。血吐いてる!?慌てて洗面所に行き電気を付けて自分の顔を見る。
なにも出ていない。いったい何が何だかわからない怖い体験をしました。