※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【二十三話】『無題』下級選民 ◆55t.r6W7pA


90 自分:わらび餅(代理投稿) ◆jlKPI7rooQ @転載は禁止[] 投稿日:2015/08/29(土) 22:34:23.68 ID:uO4SmEpe0 [38/54]
【23話】下級選民 ◆55t.r6W7pA 様
『無題』

祖父の七日法要の時の話。
祖父の家は車で40分かかる場所にあり、通夜の日から八泊ほど泊まらせてもらっていたのだが、
俺は朝が弱く、その日も一番最後に起きた。
俺が寝ていたのは仏壇のある部屋の隣で、二つの部屋の横には縁側がある(旧みたいな感じで)。
親が俺を呼んでいたので、リビングに行こうとしたとき、縁側からトトトトトト…と犬が走るような音がした。だが縁側は戸が完全に閉まっていて、猫すらも入ることは不可能だ。
その音は俺のいる部屋の方の突き当たりまで来た後、仏壇の部屋の方の突き当たりにむかって進んでいった。
そして縁側を突き当たりまで行き、また戻り、再び行く…を何度か繰り返す。
ところが、音が仏壇側の突き当たりいったきり、戻ってこなくなった。
気のせいだったのか、と思った俺が向かおうとしたとき、


重い仏壇がガタリと揺れた

【了】