※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

200 名前:スヴィトリアーク ◆CQ0ZL4vfUw @転載は禁止[sage] 投稿日:2015/08/30(日) 01:48:20.96 ID:ujnfAOrg0 [20/23]
『春の掌編』


 俺がその夜、何故そんな行動に及んだものか、今考えても腑に落ちない。

 いや、温かな布団の中の俺を無遠慮な尿意が襲い、夜半の身を切る肌寒さの中を、トイレで用を足してから自室に戻ろうとした辺りまでは鮮やかに覚えているのだが、その直後の記憶がすっぽりと抜け落ちて
いたのだ。
 どうした経緯を経たものかは知らない。我に返るとあろう事か、俺は自室と逆方向の父母の寝室の扉を開けてボーッと突っ立っていたものである。

「あれ?俺、何でこんなトコに居るんだっけ…?」
 そんな俺の様子を、目覚めた両親は怪訝そうに見つめている。
 たとえ両親のものとは言え、仮にも寝室はそこを用いる主のプライベートスペースだ。そんな侵すべからざる聖域に、あろう事か深夜にノックも無しにいきなり闖入するなんて行為は、肉親云々抜きにして無神経
だとの誹りを受けても弁明できぬ事案であった。

「ん、どうした。何か用か」
 欠伸を噛み殺しながら俺にそう問いかける父。母も、
「こんな夜中にどっか行くの?扉が開かる音で目が覚めたらいきなり滅多にここ来ないあんたが立っててさ、『もう行くよ』とか言ってるんだもの、ビックリだわ」
 などと、意味不明な事を口走っている。

「もう行くよって?…俺、そんな事言った?」
「たった今言ったろ。人騒がせな奴だなあ、寝ぼけてんじゃ無いのか?」
 事態をよく飲み込めぬまま、照れ隠しに後頭部をボリボリと掻いて苦笑いの俺。
「いやあ、そうかも知れないな。取りあえずはご無礼をした…さあ、どうか引き続き惰眠をむさぼって下さい」

 自室へと続く狭い廊下で、俺は納得ゆかずに何度も首を捻り続ける。
「おっかしいなあ。こんな事今まで全く無かったのになあ」
 それだけで済めばこの一件は、『寝ぼけたせがれの愚行』としてあっさりと片付けられる筈であった。

201 名前:スヴィトリアーク ◆CQ0ZL4vfUw @転載は禁止[sage] 投稿日:2015/08/30(日) 01:49:54.21 ID:ujnfAOrg0 [21/23]
 翌朝、階下の茶の間から聞こえてくる据え置き電話の着信音。どうやらそれに長々と応対していたらしい母親が、ドタドタと階段を登ってくる気配がする。
「あ、あんた起きてる?あのさ、茨城に居るあたしの兄さん、さっき夜中に死んだって」
「え?」

 母の兄。つまり俺にとっては叔父に当たるわけだが、彼が体調を崩して入院していたのは知っていた。しかしそこまで深刻な状態だったとは、それこそ寝耳に水である。
「あんたの喪服、汚れて無いでしょうね。明日朝一で行くんだから用意しときなさい」
 取るものも取りあえず、俺は会社にその意を伝え、3日間の忌引き休暇を許された。


 何とか翌日午前中には上野に到着、JRに乗り換えて…というJ字運行の末、俺たち家族は寄り道も許されずに茨城県某市中心部にある葬儀会場へと向かう。久方ぶりに再会した叔母や従妹はある程度の覚悟は
出来ていたのであろう、その表情からは不思議と悲壮感は感じられない。

 細々とした手伝い事で何かと忙しなく進行する一連の葬儀行程も滞りなく終わり、肩の荷を下ろした俺たちは会場であるセレモニーホールの一室を借りて故人の生前話に花を咲かせていた。
 亡くなった人を賑やかな笑顔で見送ろうという趣向か、この会場ではお酒も振る舞われる。その勢いで舌も滑らかになった俺は、隣に座る女子大生の従妹に先日の話を何の気無しに振ってみた。

「あ、それね。多分お兄ちゃん、まんまとうちのパパのチャンネルにされたよ」
 昔からオカルティックな話題に目がないこのお転婆は、普段のしおらしい仮面を脱ぎ捨てて決壊したダムの奔流の如くここぞとばかりに語り出す。
「チャンネル…、テレビに付いててカチャカチャ回すアレか?」
「『チャンネル回す』って、お兄ちゃんいつの時代の…じゃ無くてねえ、チャンネルってのは一般的な日本語に訳すと『憑依』ってのかな?パパ結構シャイだったもの、顔見せるのが恥ずかしいからお兄ちゃんの体を
借りて叔父さんたちへお別れしに行った可能性も否定し難いと私的には思うワケ」
「なるほどなあ。してみりゃあの時の『もう行くよ』ってのはそっちの意味か」
 自分の体をたとえ短時間でも乗っ取られた腹立たしさよりも、俺の心中にはどこか気弱気な表情を浮かべた叔父の顔が懐かしく思い出される。

202 名前:スヴィトリアーク ◆CQ0ZL4vfUw @転載は禁止[sage] 投稿日:2015/08/30(日) 01:51:34.65 ID:ujnfAOrg0 [22/23]
「でもねえお兄ちゃん。死んじゃった人間はまだいいよ」
 急に声を潜めて、俺の耳元で囁く従妹。
「どういう事?」
「だってさ、これ系の話じゃ定番の締めだけど、やっぱ『生きてる人間の方がよっぽど…』ね。生身でも厄介な性悪女に取り憑かれでもしたら最後、お兄ちゃんお先真っ暗だよ。
…あのさあ、何ならあたしが虫除け役としてお兄ちゃんに貰われてあげよっか?」
「い、要らねえよ!たた、確かに民法上では親族同士での四親等以上の婚姻は認められてはいるもののだなあ…」
「…あはは。ウソウソ!本気にした?」
 俺の顔が少々火照りを増したかに思えたのは、おそらく酒のせいばかりでもあるまい。
 そんな俺の表情を値踏みするかの様に見つめていた彼女は、初めて闊達に笑ったものだった。


 未だ雪も解けやらぬ地より訪れた者にとっては、麗らかな陽気の中で咲き誇る梅の花が妙に眩しく感じられた、そんな春の日のひと幕でしたとさ。


【了】