※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

287 自分:わらび餅(代理投稿) ◆jlKPI7rooQ @転載は禁止[] 投稿日:2015/08/30(日) 04:30:24.52 ID:AgCPeYID0 [66/97]
【84話】チッチママ ◆pLru64DMbo 様
『たった今きいた事』

さっきまで友人に会ってたんですよ
友人は女ですが、あまり家庭環境が良くなくて私も母子家庭だったので気が合いました
友人の家は父親が酒飲みで、でもお店しててお金はありました
母親が出て行って彼女と幼い弟と父親の三人家族でした
父親は人の良いおじさんだったけど、たまに化粧の濃い女性を怒鳴りつけてるのとか見て
ちょっと怖いなーって感じでした
友人はあまり家庭の事は話してくれませんでした
私も話しなかったし、まあ互いに気遣うタブーみたいな感じです
父親は何度も女性を母親代わりに家に入れていました
私も友人を誘いに行くたびに女性がコロコロ違う人なのを知ってます
さっき会った友人と他愛もない話をしながら、友人はふと笑いつつ
「私ってさ、なんか嫌いな奴に消えろ!!って思うと本当に消えるのよ」
と仕事の愚痴を言いつつ教えてくれました
それで思い出したんですけど、彼女と幼い頃に七夕の祭りに行ったことがあります
当時の私たちはおまじないが流行していて、今でもあるかな?
赤い文字で書くと呪いになって寿命が縮むってやつ
彼女の持ってきた七夕の笹は綺麗に沢山飾られていて、まとめて燃やして貰うんだけど
赤い短冊にいっぱい名前が書かれてた
なんとか子とか漢字が難しくてわかんなかったけど、赤い字で赤い短冊にビッシリだった
なんか怖くて、その時は見ないフリした
それを思い出した
「あんた、あんま人を恨んだらダメだよ」と言うと友人は笑って「だね」って言ってた
「ところでこれネットで書いていい?」に「いいよ」って言うから今書いてます
でね、たって今外で突然に雨降ってきました

(終)