※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不屈の超魔生物




「…………まさか、ダイやバーンとこんなことに巻き込まれるとはな……。
何の因果…………いや、やはり宿命と言うべきか。あいつと決着を付けるための……」

殺し合いの地に立つ一つの人影。
人のシルエットを為すそれは、しかし明らかに人では無かった。
全身から露になる異形は、数多の魔物の長所を移植手術によって魔族の身に宿した戦闘生物、
超魔生物たる証。
かつては地上を席巻した魔王ハドラーは、一介の戦士たる超魔生物ハドラーとなっていた。

ハドラーはその生涯において、栄光と破滅の繰り返しだった。
魔王として軍を率いて地上を侵攻し、勇者アバンに打倒される。
そして大魔王バーンの下で復活を果たし、勇者アバンを倒して魔軍司令として権勢を振るうが、
アバンの残した使徒を相手に幾度も敗北を繰り返した。
アバンの使徒に勝利するために、ハドラーは決断をする。
それは自らの肉体を超魔生物へと改造する決断。
魔族の肉体と魔王としての過去を捨て、ハドラーはダイとの決戦に臨んだ。
しかしそこで判明したのは、自分の身体に伝説の超爆弾”黒の核晶(コア)”が埋め込まれていた事実だった。
黒の核晶(コア)の爆発によってダイとの決着を付けることは叶わず、バーンとも決別したハドラー。
ハドラーは魔族の肉体も、元魔王のプライドも、地位も名誉も失った。

「……ある意味、この状況は好都合と言えるな。ダイと邪魔の入らない状況で決着を付けるのには」

それでもハドラーは目的を失ってはいない。
その意思は揺らぐことは無い。
ハドラーの目的はアバンの使徒打倒のみ。
魔族の肉体もプライドも地位も名誉も、目的のために自らの意思で捨てたのだ。
目的は明確である以上、不必要に思い悩むことも無い。
殺し合いと言う状況に巻き込まれたならば、それに沿って目的を達成するまでだ。
気に掛かる点は別にあった。

「問題はオレの崩壊しかかっている身体が、どこまでもつか……か」

ハドラーの巨躯をより際立たせている超魔生物の威容。
しかしそれは完全な物とは言い難かった。
欠けた角。胴体に大きく開いた穴。
本来、超魔生物は強い回復能力を持っている。
しかし今のハドラーはそれを十全に発揮することができない。
既にその血肉と化していた黒の核晶を摘出したことで、ハドラーの肉体は崩壊しかかっていた。
おそらくハドラーの肉体は、もう長くは保たない。
殺し合いの時間程度は保つだろうが、ダイに出会うまでにおそらく戦闘は避けられない。
今の状態で戦闘を重ねれば、無事にダイの所まで辿り付くことは叶わないだろう。
何か危険を避ける手段が必要になる。
そう考えながらハドラーはデイパックの中を検め、目ぼしい支給品を手に取る。

もっとも既に手遅れのようだった。

「……オレに何の用だ?」

背後の気配に振り向くハドラー。
ハドラーが振り向いた先には一人の女が居た。

「へぇ……あたしの気配に気付くとはね」

長く髪を伸ばしたその女は、まだ少女と呼んでも差し支えの無いほど若い娘だった。
しかし若さに見合わない怪しげな空気を纏っている。
その気配からも人間でない、それも相当の力量を持っていることは容易に察せられた。
背後から隙を窺うように近づいて来た女を、ハドラーは睨みつけるが、
女は怖じる様子も無く、尚もハドラーに気安く話し掛け続ける。

「あんたは見た所魔族みたいだけど……」
「かつてはな……今は魔族の身体は捨てた」
「ふふふ……それでも強いことには違いないわよね?」
「もったいぶった話をする前に、名前くらい名乗ったらどうだ」

女の含みのある口振りを遮るハドラー。
今のハドラーにあるのは自分の目的のみ。
他者を無闇に撥ね付けるつもりは無いが、愛想を振り撒くつもりも無い。
他者からの情報が無くとも、殺し合いが進んでいけばダイとは自ずと行き当たるはずだ。

「私はメドーサ。竜神族だけど、これでも魔族には通じていてね」

ハドラーが只者ではないと睨んでいた通り、メドーサは神族の者だった。
主に天界に棲む神族ならば、ハドラーを知らずとも不思議は無い。
今のハドラーは自分の知名度などに関心は無いが。

「もったいぶった話が嫌なら、単刀直入に言うわ。私と組まない?」
「……組んでどうする? 二人は生きて帰れんのだぞ?」

メドーサの提案は、おおよそハドラーにも予想できた。
そして実の所、そのメリットも理解できる。
殺し合いを優勝するのだろうと、脱出するのだろうと強い協力者が居ればメリットは大きい。

「優勝したいのなら最後の二人になるまで組めば良い。
脱出したいのなら協力者は多いに越したことは無いわよね」

ハドラーの態度も意に介さず薄い笑みさえ浮かべているメドーサ。
その様子からメドーサの己の力量に対する自信が感じ取れた。

「いずれにしても神族である私とあんたが組めば、殺し合いの中でも敵は居なくなる。
見た所殺し合いの参加者のほとんどが人間、下等なゴミに過ぎない連中なんだから」

それでもハドラーは、何故かメドーサと組むつもりにはなれない。
メドーサの言葉の中に引っ掛かるものがあるからだ。

「……下等なゴミ? 随分と人間を見縊るのだな」
「無闇に人間を見縊るつもりは無いわ…………。
油断さえなければ……人間にしてやられることは無い。そうでしょ?」

メドーサはここで初めて、その態度から余裕を無くす。
余裕を無くす、どころでは無い。
思わず歯を食いしばり、目を血走らせる。
人間を見縊る、という話題から思い出したのだ。
メドーサにとって最大の屈辱を与えた人間、横島忠夫の存在を。

神族でありながら魔族のアシュタロスと繋がり、数多の陰謀をめぐらしていたメドーサにとっては、
人間など、陰謀のための駒に過ぎない矮小な存在だった。
しかしその矮小な存在であるはずの人間、その中でも取るに足らない下らない存在であるはずの横島に、
何度も自身の計画を妨害され、その末に倒された。
メドーサにとってこれ以上ないほど屈辱的な事実だった。

だからメドーサの最優先事項は横島の殺害である。
それさえ達成すれば、後は優勝を目指しても脱出してもどちらでも構わない。
もっとも、参加者にはその横島の他に美神令子も居るために脱出は容易くは無さそうだが。

「その人間に……随分してやられてきたらしいな」

まるでメドーサの心中を見透かしたようなハドラーの口振り。
メドーサの苛立ちがハドラーに向かう。

「……あんた、私を知ってるの?」
「おまえのことなど知らんな。だが、おまえの見せた怒りには覚えがある。
見下していた相手に勝てぬ苛立ち、下らんプライドに固執する者の怒りだ」

メドーサの抱える憤りは、ハドラーにとってはよく理解できる物だった。
自分のプライドに固執して相手を見縊り、それゆえに敗北を重ねる。
アバンとその使徒を相手に失態を積み重ねてきた時の心情。
先刻のメドーサの様子は、ハドラーにそれをありありと思い出させた。
しかし今のメドーサはハドラーにその怒りを向けている。

「知った風な口をきいてくれるね……魔族の身体も守れずに魔物に身を落とした分際で」
「種族の別は関係無い。神族だろうと魔族だろうと、自分も相手も見誤っている程度だということだ」

ハドラーにとってメドーサは、己の愚かな過去を思い出させる存在である。
当然、そんな相手と組むつもりなど無い。
そしてそれは最早、メドーサにとっても同様であった。

「…………馬鹿な奴ね。素直に手を組んでいたら、使える内は生かしておいてやったのに!!」

メドーサは最初からハドラーも使い捨ての駒にするつもりだった。
その使い捨ての駒に屈辱を思い出させられて、見透かされたようなことを言われた。
それを黙っていられるようなメドーサではない。

地を蹴るメドーサ。
その一蹴り何メートルもあるハドラーとの距離を、文字通り一足飛びに詰める。
メドーサは跳躍ではなく飛行している。
何も持っていなかったはずのその右手には、二又の刺又槍が握られていた
右手から現出させた刺又槍に、霊力を込めてハドラーに向けて振るう。
並の魔族や魔物ならば絶命を避けられない一撃。
その一撃がハドラーに届く、寸前に止まった。

「竜神族か何か知らんが……」

刺又槍はハドラーの手の甲から突き出るように伸びた爪、地獄の爪(ヘルズクロー)に止められていた。
メドーサは両手に持ち更なる霊力を込めるが、地獄の爪に挟まれた刺又槍は突端は全く動かない。
ハドラーは並の魔族や魔物ではない。
かつての魔王にして今や超魔生物であるハドラーの力は、竜神族をも上回る。

「オレをなめるなァッ!!!」

今度はハドラーが地獄の爪を振るった。
挟まれた刺又槍はおろか、メドーサの身体ごと軽々と吹き飛ばされる。
メドーサは地面に叩きつけられ、それでも勢いが収まらずに転がる。
ハドラーはそこへ更に追い討ちを掛けるべく、両肩を広げ推進力を得る。
跳躍力でメドーサとの距離を一足飛びに詰めるハドラー。
そのまま地獄の爪で貫いた。

「――――!?」

地獄の爪が貫いたのは地面。
転がっていたはずのメドーサの姿が、地獄の爪に貫かれる前に消えたのだ。
否、ハドラーはその影を捉えていた。
メドーサの影が消え去って行った右後ろを振り向く。
同時に右肩に走る痛みと衝撃。右手に持っていた支給品を落とす。
ハドラーの右肩に刺又槍が刺さっていた。

「チッ、超加速の加速度が低い!」

ハドラーを奇襲したメドーサはしかし、自分の動きの遅さにごちる。
メドーサが使ったのは一部の神族が使える秘術”超加速”。
物理法則をも超えて加速できるこの術は、しかし常より加速度が劣っていた。
加速度の低下の原因は制限によるものだが、今のメドーサに原因を探っている余裕は無い。

「地獄の鎖(ヘルズチェーン)!!」

右肩を刺されたハドラーだが痛みも意に介さず反撃に出る。
ハドラーの左腕から伸びる鎖、地獄の鎖(ヘルズチェーン)がメドーサに襲い掛かった。
巻き付かれる寸前に超加速で回避。

捕まれば力で劣る自分は負ける。
しかし速さであれば超加速が使える自分が勝る。
自他の戦力を分析したメドーサは、勝利のための戦術を導き出す。



(速い! 速さならヒムやシグマをも上回るか……)

地獄の鎖すら回避されたハドラーは、メドーサの速さに瞠目する。
ハドラーの反応速度を上回り、超魔生物の視力でも追うのがやっとと言う有様だ。
地獄の鎖を回避したメドーサは、一瞬でハドラーの左側に周り左肩に刺又槍を刺す。

「イオ!!」

それにも構わずハドラーは即座に反撃。
魔法力を爆発させる爆裂呪文”イオ”を放つ。
自身の左側、メドーサの居た場所を爆発させた。
はずが、やはりそこにはメドーサは居ない。
次の瞬間、ハドラーの背中に痛みが走る。
背後からメドーサが刺又槍で刺していた。
ハドラーが振り返った時には、メドーサの姿は消えていた。

メドーサの取った戦術を、ようやくハドラーも把握することができた。
それはヒット&アウェイの戦術。
一撃離脱を繰り返し、ハドラーの消耗を狙う戦術である。
単純であるがゆえに対応に難かしい。
ハドラーが万全であれば、対応法もあっただろうが。

幾度かの交戦の後、遂に刺又槍がハドラーを貫通した。
ハドラーの右掌をメドーサの刺又槍が刺し貫いたのだ。
しかしハドラーは痛みの中、右掌を握り締める。
刺又槍の動きが、メドーサの動きが一瞬止まる。

ハドラーの地獄の爪がメドーサを刺すのと、
メドーサが超加速で刺又槍を引き抜くのは、ほぼ同時。

地獄の爪はメドーサの左肩に刺さったが、
鮮血だけを残して、再びメドーサは姿を消す。

しかしハドラーには、次にメドーサの来る方向が大よそ読めていた。
ハドラーは左後方に目をやる。
そこに現れた人影。そして鮮血の色。
ハドラーはそれが何かを確認する前に地獄の爪で刺し貫いた。

何かが砕け散る乾いた音。
光や肉片、そして液体が飛び散る。
ハドラーは瞬時に、自分が破壊した物がメドーサではないと気付いた。
それはメドーサの鮮血が塗られた、ホルマリン漬けの人間の肉片だった。

ハドラーには知り得ないことだが、それはメドーサの支給品『輪切りのソルベ』。
それでもメドーサの罠に掛かったことには瞬時に気付いた。
同時にハドラーの胴体に激痛が襲う。
そこはちょうど、バランの手によって黒の核晶を摘出された箇所。
バランの手によって刺し貫かれたのと同様に、メドーサに正面から刺又槍で貫かれた。

「下等なゴミは、あんたもだったねハドラー」

勝ち誇り、ハドラーを見下ろすメドーサ。
ハドラーの全身から力が抜け、膝から崩れ落ちていた。

(馬鹿な……オレはこんな所で終わるのか…………ダイにも辿りつけず…………)

無念を抱え、未だ闘志は衰えないハドラー。
しかし身体がまるで追い付いてこない。
身体の全ての力が完全に抜けていく中で、ハドラーは自らの死を実感する。
身体を支える全ての力が完全に抜け、ハドラーは自分が落とした支給品の上に倒れ伏した。

ハドラーが落とした支給品、それは本来世に二つと無い物であった。
それは本来、美神令子の魂と融合した一つしか存在しない。
しかし美神令子が過去にタイムスリップした際、
美神令子の前世であるメフィストフェレスと融合した固体のもう一つと同時に存在した。
そしていかなる所以か、このバトルロイヤルにおいてももう一つの固体が支給されていた。
それは霊力の高い人間の魂を集め造り出される、エネルギー結晶と呼ばれる物だった。

エネルギー結晶は倒れて来たハドラーの傷口から体内に入り込む。
エネルギー結晶は侵入した存在と融合する性質を有していた。
そして黒の核晶を失っていたハドラーの肉体は、エネルギー源となる代替物を欲していた。
エネルギー結晶はハドラーの肉体と融合していき、
ハドラーの肉体はエネルギー源を利用して、生来の回復能力を発揮する。

ハドラーの肉体が再び超魔生物の威容を取り戻していく。



「…………しつこい奴ね」

徐に身体を起こすハドラーを見て、メドーサは吐き捨てる。
超加速がある限りメドーサの有利は揺るがない。
しかしこれ以上、ハドラーを相手に手間取りたくは無かった。
今度は胴体の傷を貫通してやると決意するが、その胴体の傷が泡を吹いて治癒して行っている。
ならば治りきる前に貫ぬく。
そう決意してハドラーへ向けて飛ぶ。
ハドラーの胴体の傷目掛け、刺又槍を突いた。

「――――!?」

甲高い粉砕音。
中ほどから切断されて、宙を舞う。
メドーサは切断されて宙を舞った刺又槍ではなく、
刺又槍を切断したハドラーの剣を信じ難いと言った表情で見ていた。
ハドラーの右腕から噴出する光の剣を。



「フフフ……生まれ変わった気分だ」

ハドラーにはエネルギー結晶がどういう物かも、自分に何が起きたのかも分からない。
そしてエネルギー結晶は、本来の持ち主であるアシュタロスでなければ完全な融合・活用は不可能。
それは不完全な融合・活用に過ぎない。
しかし取り戻された回復能力。
当然のように発現できた生命エネルギーを噴出して武器に転化する、生命の剣。
ハドラーはかつてない力が自らの身体に漲るのを実感する。

「今ならばかつてない力が出せる!! 幾らでも掛かって来いメドーサ!!」

立ち上がったハドラーは再び完全に超魔生物の威容を取り戻す。
こうしてハドラーのバトルロイヤルが始まった。



【H-4 海岸付近/1日目 深夜】

【ハドラー@DRAGON QUEST -ダイの大冒険-】
[状態]:健康、エネルギーの結晶と不完全融合中
[装備]:生命の剣@DRAGON QUEST -ダイの大冒険-
[道具]:支給品一式、ランダム支給品0~2、
[思考]
基本行動方針:ダイと戦い決着を付ける。
1:バーンを倒す。
2:メドーサを倒す。
[備考]
※参戦時期は、原作23巻終了後です。
※エネルギー結晶と融合しました。融合は不完全な物でエネルギー結晶を活用しきれません。
※回復能力を取り戻しました。
※生命の剣を発現させることが可能になりました。

【支給品説明】
エネルギー結晶@GS美神 極楽大作戦!!
ハドラーに支給。
霊力の高い人間の魂を集め造り出されるエネルギー集合体。
侵入した存在と融合する性質がある。
宇宙処理装置(コスモ・プロセッサ)の起動に使用される。

【メドーサ@GS美神 極楽大作戦!!】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式、ランダム支給品0~2、
[思考]
基本行動方針:横島を殺す。
1:ハドラーを殺す。
2:殺し合いを優勝するか、脱出するかは保留。
[備考]
※参戦時期は、原作34巻で復活直後です。
※刺又槍を現出させることができます。
※超加速は制限されています。
※輪切りのソルベは破壊されて、周囲に散乱しています。

【支給品説明】
輪切りのソルベ@ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の旋風
メドーサに支給。
暗殺チーム一員ソルベがディアボロによって輪切りにされ、
透明のケースに入れてホルマリン漬けにした物。




時系列順で読む

投下順で読む


GAME START ハドラー Next:[[]]
]]|Next:[[メドーサ Next:[[]]