aakadamaa @ ウィキ

始めようよ花鳥風月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花鳥風月の仕様と始め方


1.アトルガン貨幣を持ってアトルガン白門の闘獣場(K-11の下段)
に入り、入って左側のNPC、Zandjarlにアトルガン貨幣を渡し、
パンクラティオン専用単価の「ジェトン」に換金する。
※青銅=1 白銀=10 霊銀=30 黄金=200ジェトン

2.再度話しかけジェトンを獣写器&封獣板に交換する。
※獣写器=2ジェトン 封獣板=2ジェトン 高速獣写器=500ジェトン

3.アトルガン白門のNPC、Sanraku(E-8)に話しかけて
花鳥風月のクエストを受ける。4.モンスターを獣写器で撮影し、
それで得た封獣板を、Sanrakuにトレードし、
花鳥風月専用単価の「ゼニ」に換金する。

5.ゼニをためて、NMのトリガーと交換していざバトル!


簡単に言うとこんな感じになります。


封獣したモンスターを
パンクラティオンに参加させる(参加料1ジェトン)と、
勝っても負けてもジェトンを手に入れることが出来ます。


もらえるゼニは一定ではなく、
いくつかの条件が合わさって計算され、変動します。

点数=[敵レベル×種族ボーナス]+撮影ボーナス
種族ボーナス
  • 同族=0.75
  • 同種=1,00
  • その他=0.50


撮影ボーナス
  • 距離が適切 +5
  • 相手のHPが75%以上 -5
  • 相手のHPが50%以下 +3
  • 相手のHPが25%以下 +5
  • 正面からの撮影 +3
  • 側面からの撮影 ±0
  • 後方からの撮影 -3
  • 対象が計り知れない強さ +10
  • 対象が大型モンスター +5
  • 対象が攻撃対象を持たない -10
 FF11wikiより

要は、Sanrakuが欲しがっている封獣板の中で
より高いlvのモンスターを、瀕死まで削って
正面から近写すれば、ゼニを沢山もらえるっちゅうことです。

Sanrakuが欲しがっている封獣板は、隣にいるRyo
に話しかけると確認できます。


Sanrakuが欲しがる封獣板は、ワールド全体で渡した
封獣板の数が一定量をこすと、変わるそうです。

撮りやすく、人気のあるモンスターほど早く変わり、
撮りにくく、人気の無いモンスターほど、
変わりにくいということになります。




花鳥風月は全5ステップに分かれています。
上のステップになるほど、敵が強くなりますが
その分有効な装備品が多いです。

ステップごとに、最低限必要なゼニが決められています。
ステ1=1000ゼニ ステ2=2000ゼニ ステ3=3000ゼニ
ステ4=4000ゼニ ステ5=5000ゼニ        です。

また、これらには時価があり、一定時間に1つ同じトリガー
を交換するたびに、現価+10%の増額が発生します。

人気の無いトリガーや、人があまりいない時間帯に
交換することをお勧めします。



割符について


ステップ1には、ゼニさえあれば、誰でも挑戦できますが
ステップ2以降からは割符と呼ばれるものが必要です。

割符は、花鳥風月のNMを倒した際にドロップする
割符アイテム(NMの体の一部)を、Sanrakuにトレードすることで
だいじなものとして受け取ることが出来ます。

ステップ2に挑戦するには、ステップ1の割符が
ステップ3に挑戦するには、ステップ2の割符が
それぞれ必要になります。



さらに、アトルガンエリアの各方面に分かれて

マムージャ蛮人蕃国 ハルブーン傭兵団領 アラパゴ諸島

の3つの系統に分かれています。

それぞれ、個別に割符が設定されているので
1つの系統の割符では、他の2つの方面のNMのトリガー
とは交換できないということになります。

つまり、マムージャ系統のステップ1の割符を持っていても
ハルブーン方面のステップ2には挑戦出来ないという事です。

各方面ごとにステップ1~3は3種類、
ステップ4は1種類のNMがいます。
ステップ1~2は3種類とも同じ種類の割符を、ステップ3の
3種類はそれぞれ別々の種類の割符を落とします。

しかし、割符は1度トリガーアイテムに交換すると
消えてしまいます。

ステップ4に挑戦するには同方面のステップ3の3種類、
ステップ5に挑戦するには全方面のステップ4の
全てのNMと戦い、割符を手に入れなければなりません。

ということは、ステップ4のNMに挑戦するには
同方面のステ1を3体、ステ2を3体、ステ3を3体の計9体のNM
と戦い、勝利しなければなりません。