冥徳墳墓


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桐山氏が打ち出した「廃家・絶家」のための供養の集合塚(墓)である。

必ず誰しもの家系のどこかに、廃れた家系というのがあるがそれに対する供養ということと、実際信者の家族に家と阿含宗の信仰を引き継げない環境のある人のために阿含宗が供養を承う供養であるゆえに、それなりの注目と申し込みがあった。

これで、阿含宗には
「花山霊廟」「柏原聖地霊園」「冥徳墳墓」の3つを揃えた事により、供養の形では表面上全てを整えた事になる。
阿含宗では、このいづれかを1つでも備えた信者は地獄に落ちず、冥界へいけると教祖は言う。
しかし、その信憑性は甚だ疑問である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。