※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シンゴ
嶋田信吾(28歳)
ボディービルダー
力技で女性をどうくどくのか
参加地点:青島(中国・#6)
帰国:杭州(#11)

第一印象:あい


  • 南京大虐殺(#6)
スタート28日目。
南京大虐殺の話を聞き感動した7人は、その時に壊された城壁の修復の手伝いをする事に。
戦後50年以上がたった今もその傷跡を残す城壁で一心不乱に石を積む7人。少しでも南京の人達の役にたったかもしれない。
そんな思いもあって少しづつ皆の顔に笑顔が戻っていた。
しかしシンゴはそれが許せず、メンバーと険悪ムードに…
あいがシンゴに謝ったことがきっかけで何とか解決。

  • 孤立
最初から皆とケンカをしてしまい、仲直りは出来たがどこか孤立してしまっていた。
それを理解しようと唯一話しを聞いていたミドリ。そんなミドリに惹かれていた。

  • 告白(#11)
恋愛地球旅行51日目。
「僕はミドリちゃんと一緒に帰りたい。」
翌日。
「ごめんなさい。私は、まだ帰れません。」
シンゴの恋は残念な結果に終わった…


  • シンゴ→番組への手紙
旅から帰ってきて、まず皆さんにお伝えしたかった事は私の食生活についてです。
簡単に説明しますと、ボディビル選手に特に必要な栄養素は、「たんぱく質」と「糖質」になります。みなさんもご存じの通り「たんぱく質」は筋肉の元になるモノです。そして、「糖質」は人間が生きる為のエネルギー元です。

それではまず、私のオンシーズン(減量期)の食事メニューから説明していこうと思います。だいたい1日で3000キロカロリー前後を目安としまして、1回の食事内容は「たんぱく質」として鳥のササミを110グラム(3切れ)、納豆を50グラム(1パック)、「糖質」として、ご飯を250~300グラム(大どんぶり1杯ぐらい)です。1回の食事が600キロカロリー前後になるように設定して、2時間置きに5回に分けて食べるようにしています。
これだけですと、普通の方々は「食べすぎ!」と感じるかもしれませんが、小分けにして食べることによって身体の中のエネルギーレベルが安定して逆に太ることが無くなります。特に女性の方のダイエットにも有効な食事方法だと思います。このような食事方法で、私達選手は試合に向けて体脂肪を3%前後まで落としていきます。

私が「あいのり」に出掛けた頃は、体脂肪率がだいたい6~7%ぐらいだったと思います。ところがまず旅に参加してみて困ったのが選手としての食事が全く摂れないことでした。ある程度の覚悟はしておりましたが、まさか、向こうでの食事に「たんぱく質」がほとんど含まれてないとは思ってもみませんでした。「たんぱく質」は筋肉の元ですから、私にとっては死活問題ですからね。
テレビをご覧になってお分かりかとは思いますが、中国では葉ものとチャーハンばかりでしたね(笑)。もう、こうなったらエネルギーを維持することで精一杯ですから、ひたすらチャーハンを食べまくりました。

結局、ミドリちゃんとの事もあり、やつれて帰国することとなりましたが・・・(涙)
出来るだけ筋肉を落としたくない私は、現地で他のメンバーやスタッフの方々には食事のことで、かなりの迷惑を掛けたと思います。その他は水ですかね? 現地の水を日本人は飲むことが出来ないので、皆ミネラル・ウォーターを飲んでいたのですが、これも私の飲む量が半端じゃない為(1日に7~8リットル)、皆の反感を買うきっかけになったかもしれません。「あい」がキレた原因にはこのこともあったかと思います(笑)。

とにもかくにも、引っかき回して帰国してしまった形になりましたけどね(苦笑)。いま現在は失ってしまった筋肉を取り戻そうと必死になっております。それが私のプライオリティですからね。(笑)

シンゴでしたぁ☆。.:*:・'゜