海馬市役所地下研究所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 海馬市役所地下に存在する対悪魔用の特殊兵装を開発するための研究室。だが研究室内での兵装開発はほとんどセリエしか行っていないため、もはやセリエ専用の者になりつつある。

 研究室の内装は、様々な機器や計器、それに人が一人入りそうな程のカプセルが一つ置いてあったりとなかなかに不気味なものを感じさせる。

 兵装の開発に必要なものは様々だが、悪魔の身体の部位を使えばその悪魔の特性を持った兵装を作り上げることも出来るだろう。だが強い兵装を作るにはそれに相応しい上位の素材が必要、他には特殊な鉱石を使ったりと様々で、セリエは特に悪魔の部位を使った武装の作成を得意にしている。

 セリエによって(勝手に)作られたその研究室は、武装の開発に必要なものはある程度揃っており、そこそこな性能のものならば作成は可能。が高性能な兵装を作ろうと思えば設備の不十分などもあるため、作成にかなりの時間を有してしまい、更に多大な金がかかってしまうためセリエはあまり作ろうとはしない。
セリエは大概ここに居るため、何か兵装の作成を依頼したい時にはここに来てセリエに依頼するといいだろう。