※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿修羅姫


阿修羅修羅の舞 この手を取って
あなたが好きだと言ってるじゃない
諸行無常 移ろいゆく浮き世
人の心 留まらぬとしても
恨ミザラマシ

最期の瞬間に
あなたの瞳 見つめられるなら
犯す罪残さず
地獄の神に赦しを乞おう

殺め合うように
求めてはいけないでしょうか
胸深く刺さった
哀しみの剣

鮮血のヴィーナス
素肌に鎧うのは
金襴の鎧よりも美しい
愛と云う傷跡

阿修羅修羅の詠 嵐の声が
恋しい名前を叫びつづける
夜叉般若の面[かお] 華の貌[かんばせ]
あなたに逢うのはどっちの私
身モコガレツツ

この想いだけは
けして穢れぬように

禍の夢を
仄の土の底に孕んで
刻満ちる 女は
赤い雛罌栗[コクリコ] 狂い咲くでしょ

命削ぐように
愛したのは運命でしょうか
交わった 緑の
指切る綾取り

転生のヴィーナス
生れ落ちた場所は
この地上の何処よりも果てない
愛という戦場

阿修羅修羅の舞 髪を解いて
あなたが欲しいと言ってるじゃない
諸行無常 移ろいゆく浮き世
寝ても目醒めても泡沫の日々
玉ゾ散リケル

何がいちばん
尊いことかを教えて

阿修羅修羅の舞 脚を絡めて
もうあなたを誰にも渡さない
魑魅魍魎夢魔食んで蜜蟲
堕ちる処まで堕ちて空蝉
身ノイタヅラニ

阿修羅修羅の詠 嵐を越えて
恋しい名前を 叫び続けて
夜叉般若の面[かお] 華の貌[かんばせ]
あなたが逢うのはどっちの私
身モコガレツツ

この想いだけを抱いて
生きて行くだけ