※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暴夜layla幻談


千もの風吹く胸を
抱えて参られた
お労しいあなたの望み
何でも叶えましょう

Alf Layla wa Layla
夜伽の語り
小夜啼きの喘ぎ
奇態の裸体

その膚に纏わん
触れる吐息は繻子
口唇は緋の天鵞城
わが名は"恋"

心も躯も蕩かす私に
溺れきらぬ者はない
命の炎は快楽に燃すもの
甘露に痺れてああ恍然と
その精尽き果てるまで

それでも優れぬお顔
胸中[こころ]の洞窟
届かぬ苦痛の疼き
塞いで進ぜましょう

Iftah Ya Simsim
呪文を唱え
開けよ扉 輝く帳

畏れずに踏み出す
爪先には珊瑚
横たわる褥は翡翠
わが名は"富"

金銀財宝目映い私は
目が眩まぬ者はない
王者も額づくこの綺羅めきは
この世の何よりああ美しや
金で奪えぬ物はなし

Alf Layla wa Layla
まだ晴れぬならば
抱かれるがいいだろう
禁断の腕

目蓋閉じ見つめよ
黒馬の鬣
降り立つ漆黒の翼
わが名は"闇"

すべてを抱き取る私の深さに
抗する者などない
虚無へと注げば愛の美酒となり
蒼冷めた頬に薔薇の血が差す

ABRACADABRA
私はいつでも
あなたに寄り添った影
夢など魔となる悪さえ美となる
この世の懈怠を犯すものなり

さあさ魂をこちらに