※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンジェノワールの祭戯


自鳴鐘の音が
消える午前三時
透きとおった
扉に映る影
手招きに 誘われて

花を燃やす香り
噎せるように甘く
漂うなかで
鍵を開けてしまう
ざわめきの 声の渦

今宵は 金の美酒
さあ お召しあそばせ
紅 肌を染め

ドアの外はカルナバル
見知らぬ人々が踊るの
誰も私にかまわないで
天使のままで生きていたい

貴方の顔さえ
忘れてしまったわ
杯のなか
沈んでゆく涙は
少しずつ 嘘の味

この世は 邪悪の蛇
巻かれて 惑わされ
それでも 愛したい

見も心もゆだねる
闇夜の帳の波間に
黒い薔薇の花を抱いて
天使のままで息絶える

今宵は 銀の雨
ああ 熱い矢のよう
終わりの ない祭戯

ドアの外はカルナバル
見知らぬ人々が踊るの
誰も私にかまわないで
天使のままで生きていたい

見も心もゆだねる
闇夜の帳の波間に
黒い薔薇の花を抱いて
天使のままで息絶える