※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神風


いざ進まん 時を越えて
日出づる国 生まれし者らよ
知られざれざる 想い遙か
響く先人の声

かつて黒馬に跨り
駆け回った神の野山も
現世は繁栄の都
再び君は戦う戦士

守るのは小さな城で
また今日も疲れ果てて眠れば
射千玉の夜は静かに
輝きながら君を包む

人知れず零[なが]した涙
やがて清らかな川となり
来る日を育む糧とならん

いざ進まん 運命を抱き
日でづる処 目覚めし者らよ
行く手阻む 敵があれど
雲間を裂く雷

その身体に
流れるのは大和の血
嗚呼 千代に八千代に
いつまでも

ありふれた愛の歌が
伝えるのは虚ろな正義で
胸の鞘へと隠した
白刃の煌めき無きものとす

護られるべきは君で
道なき道砕いて渡るとき
背中を押す一陣の
風の強さに身を任さん

花と散った遠き友が
万世の桜華を咲かす
身捨つるほどの未來のためと

いざ羽撃け 若き鷹の
翼はまだ 空の藍染まる
彼方消えた 星の行方
追って天届くまで

その心に
宿りしは大和の夢
ただ不撓不屈で
生きるべし

誰の神の子では非ず
けれども尊き人の子

いざ進まん 時を越えて
日でづる国 生まれし者らよ
知られざれざる 想い満ちて
響く神風の声

いざ羽撃け 若き鷹の
翼はまだ 空の藍染まる
彼方消えた 星の行方
追って天届くまで

その身体に
巡れるのは大和の血
君 千代に八千代に
いつまでも