※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神の雪


触れたきものは
仄蒼き頬の下
かよう血汐の
生き急ぐぬくもり

時をつなぎ止めるため
あなたを抱く
肩の向こう見上げる冬の
夜は羽搏き

いま私に舞い落ちるのは白い雪ではなくて土
冥い闇の底にひとり安らかに埋もれよう
この世で大事なものを幾つも失くしてきたのになお
まだあなたの美しい横顔に惹かれるのか
果てもなく 狂おしい祈りのように

踏みしだかれた
薄氷の上に立つ
足元すくう凩[こがらし]
天の奈落 越えて届く
ひとひらの夢
縋れるならば

いま私に降り注ぐのはやさしい雪ではなく炎
この手で消す術も持たずただ焼かれ朽ちるため
この世に変わらぬものなど在りはしないとわかってなお
なぜ人はどんな日も無きものばかり望むのか
罰のように 汚れ染みぬ想いに変えて

どうかあなたを包むのは冷たい雪ではなくて星
その輝きに焦がれて私は息絶えるだろう
この世に悲しきことは尽きぬほど満ちたと知ってなお
なぜこうも易々と涙はあふれでるのか
罪人のように
いつまでもその腕のなかで