※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼帝の剣


この胸に抱くのは正義

朱く熱く燃える わが太陽
この世の何処かで 凍りつき眠る真実
見つけ出すこの手 愛と哀しみに
どれだけ触れるのか
僕は僕であるため 闇を融かしてゆく

まだ見ぬ世界への
扉をくぐるとき
翼が傷つくのなら
この心を 鋼に変え

交差する光よ
落ちる影は 未来の先を
輝かせるだろう

果てしない宇宙の隅
ひとつひとつ孤独の星に
生きる僕ら 繋がり合う
地球越えるLINE[はし]となるように

仄く潜み浮く青天の月
嘲り翳ろう 夢の雫がこぼれても
差し伸べたこの手 受け取るむくもり
そこに在る微笑み 君が君でいるため
命を添わせよう

魂[こころ]の奥に棲む
鬼は片眼を開け
深まる時を見つめる
何が悪で何が善か

誰かを守る為
怒りを持ち 涙を流し
己に溶けゆく

尽きぬものは希望と欲
ひとりひとり刹那の罠に
迷う僕ら 争い合う
それが正しい歴史となるのか

遠く近く聳[そび]ゆる わが大地
頽[くず]れ踏みしめ すべてを還す土の上
包み込む腕の 優しさの記憶
何度でも目覚める
人が人であるため 道は続くだろう

この胸に抱くのは剣

朱く熱く燃える わが太陽
この世の何処かで 凍りつき眠る真実
見つけ出すこの手 愛と憎しみに
どれだけ触れようと
僕は僕でありたい

仄く潜み浮く青天の月
嘲り翳ろう 夢の雫がこぼれても
差し伸べたこの手 受け取るぬくもり
そこに在る微笑み 君が君でいるため
命を添わせよう

そして僕を
護る 勝利