※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共月亭で逢いましょう


菩提樹の 並木越えて
星座の船が 行くわ
夏空の 掟のように
この一年を わたしはひとり

想い出す この四阿[あまづや]
あなたの腕で 待った
お月様どこか降りて
さよならだけが 浮かんでたわ

きっと 来ると
あなた呼べば
星が コトリ

今宵 今宵 晴れわたる
共月亭で逢いましょう
ひとつ ひとつ 想い出を
宇宙[そら]に放し数えましょう

天界は 祝いの美酒
星の祭に唄う
月光を 汲んだグラス
わたしにだけは 冷たく浸みる

とおい 国で
あなた同じ
光に ユラリ

今宵 今宵 賑わいの
共月亭で逢いましょう
空が 空が 胸めがけ
堕ちて壊れてゆくまえに

今宵 今宵 恋ヶ淵
共月亭で逢いましょう
明日は 明日は 消えてゆく
真夏の夜の夢でしょう