※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

KING KNIGHT


はるかな遠い昔
この手は翼でなく
二つの剣で

草いきれの褥で
僕らは獣のように
息を殺してた

いま孤独と虚無の中で
騒ぎ滾[たぎ]る血をいかにしよう
本当の強さ欲しいと願えば
導かれるのか

いざ行かん甲冑の鋼を照り返し
つわものどもが夢の跡を
心を覆いつくす盾を取り払えよ
見えない国境はすぐそこに

地獄の底から声が聞こえても
"まだまだ夜明けは遠かろう"

触れ得ぬ星の屑
希望の輝きは
一夜に消えども

永遠なる明日はいづこ
瞬間刹那の時
つなぎ永劫を

どこに畏怖も畏敬もなく
生きる空しさをなんとしよう
真の優しさは安逸の揺り籠に
育ちはしない

いざ駆けよ漆黒の荒馬嘶いて
雄々しき國の松裔たち
張り巡らされた高き柵を飛び越えよ
まだ見ぬ世界は果てしない

天の彼方から歌が降り注ぐ
帝[かみ]の恩恵をその背に

いざ行かん甲冑の鋼を照り返し
もののふたちが辿りし道
その想い封じ込める楔を外せよ
ぬかる足跡も乾くだろう

いざ駆けよ漆黒の荒馬嘶いて
麗しき國の先駆者たち
終わりなき戦いに投じる御身へと
まことの魂宿るまで

もうひとりの自分が僕に声をかける
"ここからずべてが始まる"