※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁書


夜毎にわたしの洋墨[インク]が垂れる
人生を綴る羊皮紙の上に
それなり甘美な筋書き

それでも書棚に積み上げられた
古今東西本の中
あなたの小説ひとつに
及ばない

活字貪り生きられればいい
扉開けるように次の表紙を
また開く

現[うつつ]など捨てて行く
ここは崇拝図書館[bibliotheqou]
神々しく気の触れたその右手のペン先が
わたしの脳に物語を認[したた]めてく官能
ああどうか躰を裂き
直に美しい妄想
注いでください
失神するまで

叡智は閃光と暗澹[あんたん]湛え
熟成されながら言葉に宿る
悪魔と天下の爛酔

他に何もわたしはいらない
あなたの世界へと飛べる
想像力あれば

命かけ読み耽る
ここは終身図書館[bibliotheqou]
見目麗しく並び語られる文字は音楽
瞼も胸も捲られてく目眩く幻覚
もうどうかこの魂
潰れるくらい凄絶な
たった一度きりの結末をください

奇なる事実より奇な
ここは禁断図書館[bibliotheqou]
わたしが死んだ後は青褪めた皮膚を剥ぎとり
鞣して縫い合わせて装丁に飾ってほしい
時の黴纏いつつ
世界に唯一の私家版
誰かが手に取るまで息を潜める

わたしこそがあなたの描いた妄想