※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁じられた遊び


薔薇の首輪つなげて
銀の鎖くわえて
今宵もひとり果てる
あなたが憎らしい
跪いてお嘗めよ
苦い愛の雫を
天使に施す青いドレサージュ

自己[じぶん]と云う柩の中
魂[こころ]はまだ動いてる
千切れた翅[はね]は月光に
生き返り 潤むわ
闇よりも
怖いのは孤独
十字架の元で
貪りませう

薔薇の手錠はずして
白い手首かさねて
触れ合うことの奇跡
あなたが愛おしい
跪いて捧げよ
痛い愛の言葉は
包帯[ガーゼ]に滲んだ赤いアラベスク

罪でもいい 好きと言って
禁断のくちびるを

世界は聳[そび]え立つお城
門を開けるのは神
そんなふうに導きつづけて
そしてわたしの目を
塞いだら
誰より優しく
名前を呼んで
その時知るでしょう
永遠の意味を

薔薇の指輪まじえて
革のリボンむすんで
鏡の間の舞踏会
すべてが狂おしい
迷い込んで悟れよ
巡る愛の歴史を
涙で飾ろう黒いマリアージュ

嘘では嫌 好きと言って
純潔のくちびるで

薔薇の首輪つなげて
銀の鎖くわえて
今宵もひとり果てる
あなたが憎らしい
跪いてお嘗めよ
苦い愛の雫を
天使に施す青いドレサージュ

薔薇の手錠はずして
白い手首かさねて
触れ合うことの奇跡
あなたが愛おしい
跪いて捧げよ
痛い愛の言葉は
包帯[ガーゼ]に滲んだ赤いアラベスク

心から 好きと言うわ
穢れなきくちづけを