※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月光夜


月光の冷たさに
骨がそっと氷る
雪のような胸の下は
赤い薔薇のシャーベット

蜉蝣の翅も軋む
眠りへの階段
踏み出すたび 痛みの欠片
ひとつふたつ こぼれて融ける

糸杉の間に間に
ゆれるのは 魂
世にもやさしい目で
わたしを見ている

少しだけ今だけ
生きるのを止めよう
ずべてを忘れたら
もういちど目覚める

月光は 銀の爪で
絹の糸をつむぎ
縫い綴じるよ
玉兎の見た
いつか降りる
終焉の悪夢[ゆめ]

心はこんなにも
儚い匣だから
ひとつぶの涙の
重さを知ってる

少しだけ今だけ
生きるのを止めよう
何もかも忘れて
もういちど生まれる

糸杉の間に間に
ゆれるのは 魂
世にもやさしい目で
あなたを見ている

少しだけ今だけ
生きるのを止めよう
何もかも忘れて
もういちど生まれる