※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今宵、碧い森深く


貴婦人の甘い香水
透明な蝶の翅のように舞い
扇の陰の囁きが
楽士らの前奏に溶けて…

フロアへと滑り出す私の爪先
裳裾[すそ]を曳きずる衣擦れと
重なり合った沓音
立ち止まり見上げれば
碧い目をした その人

言葉のない 眼差しの会話
包まれる手
薄絹の手套越しに
冷たい指 伝われども
不安の欠片ひとつなく
少女の憧れの夢は
今この瞬間[とき]へと結ばれる

ワルツは星の瞬き
慄きに似た美しい夜は過ぎ
想うのは名も知らぬ人
みずうみ色の かの瞳

白亜館の門扉の外
深い森に一人迷い
やがて月の光堕ちて
横たわる翡翠の水面
そして岬に佇むあなた

言葉もなく差し出される腕
抱きしめられ
眩暈の果て踊っている
金の鱗 纏う魚
銀の声で囀[さえず]る鳥
咲き乱れて溺れる花
ここはどこで
あなたは誰?

また今宵も 彷徨い込んでは
茨の棘 怖れもせず奥へ奥へ
言葉もなく 差し伸べる腕を
絡めとられ
闇に向かい踊っている
これが夢であるのならば
そうかけして覚めないように
二度と離れられないように
私の心臓を止めて

真っ赤な薔薇を
その手でもぎとるよう