※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最愛なる魔王さま


黒に染る
翼に包まれて
死するために
わたしは生まれてきた

ただ一目
お逢いしてわかった
胸を貫いた
懐かしさのなかで
跪きましょう
どんな罪よりも
こうして貴方を愛した真が
何よりわたしを
楔[くさび]に打つ 激しく深く

生娘のように
花を産んで
ときに娼婦の如く
天を揺らす

横たえるこの身は
善も悪も
超えて密やかなる
生け贄となり

捧げ続けましょう
どんな言葉より
こんなに貴方が恋しいと叫ぶ
声にならぬ声
魂が抱く言霊を

この首を掴まれ
息を止めていたい
美しい闇の淵で
そのお顔 見ていたい

倒れ臥すでしょう
絵空事よりも
こうして貴方を愛した真が
見せる幻影の
恐ろしくも麗しい様

この首を掴んで
抱き寄せてください
二度と開かぬ瞼に
そのお姿を永久に