※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

春蚕[しゅんご]


捧ぐ贄は ただひとつの戀
わが心 血に染む 紫の

さあ玻璃[ガラス]に閉じ込めなさい
瑕を飾り
曇っていく世界で
もがいてあげる

ひと春を生き抜いて
ひと夏を絶え絶えに
厭かずまた目覚め落ち
水玉[すいぎょく]の鳴咽から
訪なう指はすべて
あなたとして受け入れ
浮き上がる喉元に
贖罪の痣の亀裂剥ぐ

塞ぐ繭は 踊る影抱いて
上弦の月下 爪は染む 紅ゐに

見えない針 背中を貫き
動けませぬ
ただあなたを此処から
見上げる為と

幾雫を迎えて
幾片を飲み乾して
何度でも繰り返す
白濁の嘔吐から
あまく曳く糸を繰り
天舞う如地を這い
擦り歩く足元に
桎梏[しっこく]の縄の痕摩れる

ひと春を生き抜いて
ひと冬に凍り死す
そしてまた生まれ落ち
白濁の嘔吐から
あまく曳く糸を繰り
天舞う如地を這い
擦り歩く肘膝に
桎梏[しっこく]の縄の痕涸れる