postfix兼pop


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Postfix

main.cf

disable_vrfy_command = yes (VRFYコマンドの制限)

smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (バナー情報制限)

smtpd_helo_required = yes (HELOコマンド必須)


# # #
sendmail /usr/sbin/sendmail -q -v キューを送り出す
postfix postfix flash キューを送り出す

◆ユーザの追加

まずグループの作成

groupadd -g 1001 GROUPNAME


useradd -d /home/mailuser/$1 -m -k /var/local -G GROUPNAME -s /sbin/nologin -u $3 $1


◆Postfix

まずは、下記URLを参照(図があり良い)

http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/postfix01_01.jsp

sendmailサービスを停止

chkconfig sendmail off

rpm -ihv postfix-2.2.10-1.RHEL4.2.i386.rpm (ディスク4)


# 参考にしたURL

初期設定

http://tmtm.org/postfix/tutorial/trap.html

トランスポートの設定でよいかも

http://postfix.robata.org/ouyou.html

リレー

http://www.postfix-jp.info/trans-2.1/jhtml/SMTPD_ACCESS_README.html

http://www.postfix-jp.info/trans-2.2/jhtml/BASIC_CONFIGURATION_README.html#relay_to

/etc/postfix/main.cf

allow_min_user

Postfix は「-」で始まっているメールアドレスの配送を拒否してしまう。 この形式は RFC 的には正しいメールアドレスなのにも関わらずだ。

これは、外部コマンドでメールを配送しようとする時に、「-」で始まっているメールアドレスが、コマンドに対するオプションと解釈されてしまう危険性があるからである。 この危険性を考慮して問題ない場合は、main.cf に次のように設定すれば「-」で始まっているメールアドレスにもちゃんと配送される。

        allow_min_user = yes